必要性

室内でもサンバイザーは必要です、 ランプの直射光 で事務をする人はサンバイザーをしていました。 西部劇で電信連絡の電信手とか帳簿係など。
日中に窓際で、画面を(逆光で)見る時は使えます。
照明が良くなったといっても、蛍光管が直視できる事務所も多い、
残業時の眩しさを無くせます。

素材選択の注意
目の近くに置くので、ソフトな物を使うこと。
硬質発泡スチロールは工作時に白い粉が出て、掃除が面倒です。 農業・建築資材は単価の低いものが多い。クッションフロアなど
作成のヒント
ソフトサンバイザー の 穴間隔は 眼鏡の幅より少し広くする 装着すると撓(しな)って、鍔(つば)が前に出るようになる。