聖霊による生活刷新セミナーのご案内

 四谷の集いでは毎年、春と秋に「聖霊による生活刷新セミナー」を行い、今までに大変多くの人が、セミナーを通して貴重な恵みを受けてきました。それは神様との新しい個人的な親しい出会いであり、祈りの深まりであり、信仰生活がより生き生きとしてわたしたちの生き方が変えられるという体験です。8 週間行われるセミナーは、日曜日に皆で過ごす2 時間のプログラム、
 ・心から神様をたたえ「賛美」を歌う 1 時間
 ・セミナーのテキストに基づいた「講話」 30 分間
 ・小グループによる「分かち合い」 30 分間  で構成されています。
 また、月曜日から土曜日は、自宅でテキストに従って「御言葉の上に祈る」祈りをします。初めての方でも小グループで進んでいきますから、安心してご参加ください。
 神様との新しい出会いを求めて 一歩足を踏み出してみませんか。セミナーへの参加を心からお待ちしています。

2017年秋「聖霊による生活刷新セミナー」(10/1〜11/19)のご案内 

 

過去のセミナー参加者の声

◆“ おかえり! ”・・・まだセミナーに参加するかどうかをはっきりと決めた訳でもなくふらっと参加した説明会の初日、私の心に響いたのは、当日の司会の方の「おかえりなさい」というひと言でした。知人のシスターから誘われ何気なく参加したのですが、その日、賛美の歌の輪につつまれ、懐かしく感じられるメロディがからだを駆け巡っていく中で、私は心の中で何度も“ただいま!ただいま!”と子どものように繰返し応えていたのを覚えています。そして、何かよく分からないけれどもこれまで抵抗していたものを手放して素直になったとき、イエスが両手を広げて私を招いて下さっていることを強く感じ、心の中の何か頑なものが解けて流れ出るように涙が溢れ出てきました。その「ただいま」から8週間、気が付けばあっという間のセミナー期間でした。
  不思議なことなのですが、今回セミナーに参加することになった流れを振り返ってみると、いくつかの出会いと招きがものすごいタイミングであったと感じています。それも、身近で具体的な方やかかわりをとおして…。今から思うとそれは、頑な私の殻をやぶろうと根気強く働きかけ、私が心のドアを開け放つよう辛抱強く待って下さった神さまの親心だったのだなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。そして、セミナーを終えた今、イエスというブドウの木に活き活きとつながるよろこび!と平安♪が私の中にしっかり根を下ろして広がっているのを体感しています。また、一人ではなく、祈りの共同体に連なる中での祈り、特に異言での祈りの響きの中に交わった時、神さまが喜んで働かれているのをびんびんと身にしみて実感しました。そのことを今回、リーダー方をはじめとする四ツ谷の刷新仲間に祈って頂く中でダイレクトに感じたことは、豊かな恵みであった、と心から感謝しています!
  この8週間は、日毎そして週毎の一つ一つの段階をへて、聖霊の満たしを受けるまでの準備期間があり、またその後の祈りと分かちあいの中で、更に自分自身を完全に主に委ねたいと望んでいる意志をも知ることができました。そして今もなお、まだまだ霊的に発展途上の身を楽しみつつ、日々イエスとともに生かされていることの喜びを味わっています。この聖霊によって新たにされたいのちの炎を燃え立たせるべく、これからももっともっと神さまを賛美していきたいです!!有り難うございました?♪アレルヤ〜♪  

 ( 2010年春のセミナーに参加 )


◆昨年の夏に大きな挫折を体験して主に立ち返って祈ることの大切さに気づいたものの、忙しくて祈れない、旅行に行くから祈れない、悩み事で心がいっぱいになって祈れない・・・自分の周りには祈りの障害になるものばかりで、なかなか祈りを習慣づけることができませんでした。そんな時に友人が勧めてくれたのがこのセミナーでした。
セミナーが始まった4月から、朝一番のミサに与った後に15分間毎日の御言葉を黙想しながら主の前に座って祈るというのが日課になりました。働き始めた職場が忙しくて、夜遅くまで職場にいるような日々でしたが、なぜだか夜帰るのがどんなに遅くても朝6時には目が覚めて楽しみな気持ちで教会に向かっていくことができました。
 聖霊とはいったいどんなものだろう?なぜこのお祈りの集いに来ている人たちはあんなにも嬉しそうにしているのだろう?立ち上がって手をあげて踊るまでして賛美するのはなぜだろう?そんな疑問を感じていましたが、セミナーで祈り始めてから毎日毎日いろいろなかたちで聖霊から教えていただけたような気がします。今まで心の中の何もないと思っていたところから喜びが溢れてくるのです。だんだんともっともっと賛美したい!と思うようになりました。大好きなお父さんに抱きつきにいく子供のような気持ちです。私のことを心から愛してくださる天の父に私からも愛していることをお伝えしたいという気持ちで、力いっぱい賛美できることが大きな喜びになりました。
毎週日曜日には同じグループの方々と1週間を振り返って分かち合いをするのですが、皆一人一人違った方法で主と出会っていくのです。主が私をずっと昔から、子供の頃から、生まれた時、あるいはその前からものすごく愛してくださっていたこと。自分だけでなく、同じグループの方々や世界中の人たちみんなが主に最高に愛されているという真実を知ることができました。
 実際の生活は本当に大変な2ヶ月間でした。4月から働き始めた職場は夜帰りが23時近くになることも多く、人間関係も仕事そのものも非常に困難なことばかりでした。毎日緊張の連続で体重も5キロ近く落ちました。私だけでなくグループのほかの方々も皆それぞれ問題を抱えていたり、悩みがあったりしました。もしかしたら、そういう大変さを理由にセミナーの参加をやめることもできたのかもしれません。けれど、それでも続けられていたのは、悪からの誘惑を退けて、助けて、導いてくださった聖霊のおかげだと思います。これから大変な一日が始まろうとしている時に、全てのあらゆることをご存知であり、万能で、私を愛してくださる主に信頼してゆだねて祈ることができると、結果として驚くような素晴らしいことが起こるという体験を何度もしました。
 満たしを受ける2週間前には、祈っているときに自分の心の中にとても広い真っ白に輝く美しい場所があることを聖霊に教えていただきました。満たしを受けた次の日に朝の祈りの中で、再びその美しい場所に降りていきました。そこはとても広くて全世界の人を招き入れられるということに気づきました。生来なかなか他者に心を開けずに閉じこもって苦しい思いをする傾向にある私にとって、自分の心に誰をも招き入れられるというのは本当に嬉しい知らせでした。
 私が聖霊の満たしとこのセミナーの中で与えられたメッセージは次のとおりでした。
 「この世は序章に過ぎない。この世は愛を学ぶための学校で、私たちは刻一刻と卒業に近づいて生きています。」今日一日で、生活の中のあらゆる実践から愛することと愛されることをもっと学べますように、そのために聖霊来てください、私を満たしてくださいと毎日祈っています。必要としている私に満ち溢れるほどの聖霊を与えてくださる主に感謝致します!        

( 2010年春のセミナーに参加 )

 


  
Copyright HSRO-Holy Spirit Renewal Office 2006