<bluebeard-repo.vol.1>

”DOVE”presents
2000.12.20
渋谷GIG-ANTIC


ECHO
bluebeard
DOVE
captain hedge hog

いつだったかシェルターでblue beardを見て驚きました。
あまりにもかっこ良いから、素敵だったから。

あせって音源を探しまくり
おっしゃーー、またライヴ行っちゃうぞぉーーー!
で、発見した次のライヴというのが
なんと『みるく』
ダメだ。オールはリームー・・・。

で、断念してからは、なんだか
気持ちが他のバンド見るのに大忙しで・・・・。
タイミングってあるよねーーーー。

てな感じでしたが
やはり気になる!今世紀中にまた見ないと!
行ってきましたよーーー。

お馴染み仕事帰りにモウダッシュ!
2バンド目だったから残業だったら完璧間に合わなかったねー。
こんな時、どきどきしちゃうよね。
26歳ともなると、根性座っちゃって
ちょっとや、そっとの事じゃどきどきしないからね。
車にひかれそうになった時くらいだからね(笑)。

でも、私にはときめく事があって
それは『ライヴに行く事』であって
そんな楽しい趣味があって幸せだなーなんて思う今日この頃・・・。
ヤバい話しがそれた・・・。

で、そうです!!
bluebeardのライヴなのです!!
ギターは、ギターボーカル含め2本。
ベースにドラムの4人バンドです。

とにかく洋楽のエモーショナル系が好きな人は
間違いなく、好きでしょう!!
で、『洋楽しか聞かないよ』なんて人でも
全然OKでしょう。

とにかく音のセンスが良すぎます。
サイコウです。

何故か自分が日本人だという事を忘れ
 『デイヴィーに会いにいかなくちゃ!』
(↑妄想の中の彼)
みたいな気持ちになるもんねーーーー。

6曲くらい披露。
2曲目には唯一知っている、そして大好きな曲
『correct』を聞かせてくれました。
いやーーー。カッコ良い!
もっと聴きたい!

『この曲は・・・・』
どんな事を歌っているのか説明をしてくれました。
メロディーはもちろんの事ですが
歌っている内容も重要視しているので
この辺は、かなり気になるところです。

歌詞カードとか読みつつ
12曲入りくらいのCDを聴いてみたりなんかしたいものです。(強く希望)

 来年はかなりこのバンドのライヴ行ってしまうだろう
そんな予感!

--------------------------------

次はDOVEです。
ハズかしながら知りませんでした。このバンド。

めちゃめちゃかっこよかった!!

ギターボーカル、ベース、ドラム
の3人です。

熱く激しいエモ!
しかも、きんたが大好きなシャウト系!

あまり例えるのは好きではありませんが
例えてしまうとNAHTみたいな感じです。

残念ながらこのバンドはこの日を最後に
活動休止だそうで
非常に残念!

でも、ギリギリ一度だけでも見れて
ラッキーでした。

--------------------------------

そしてcaptain hedge hog
この間のシェルターで見そびれた事もあって
とても楽しみにしていました。

Tシャツ着てタオル巻いたキッズ達に
もみくちゃにされながら汗ダクで見るのが通常のライヴですが
この日は違っていました。

でもキャプヘジは今年最後のライヴだったらしく
いつもいるキッズ達は?!何処??
でも、みやすかったからいいけどね。

つーかしのぶさん、ちょっと痩せてかっこよくなった??
キムタク風味のヘアースタイル?!

相変わらずの、さしみさんの、かずおっぷりも見れたし
よかった、よかった!

そんな事より新曲ヤバいね!!
凄いエモい!
なんでも新譜が出るそうで
しかもビークルとのスプリットとの事で
今から楽しみであります。

しのぶさんのいつも通りのおもしろいMC交えつつ
いつもよりエモよりの選曲で進んでいきました。

いやーーーーーかっこよい。

ほんと今日はたったの1.800円で
これだけ素晴らしいライヴが見れて、なんかほんと
申し訳ない程で、
凄い、行って良かったです!!



<bluebeard-repo.vol.2>

HUSKING BEE
FOUR COLOR PROBLEM 2000-2001
2001.1.11
横浜CLUB24


bluebeard
BEATCRUSADERS
HUSKING BEE

この日は、なんと池袋に6時30分くらいまでいたので
『間に合わないかも!!』

いや、でも最近ツイてるから絶対間に合うハズ!
と信じて横浜まで。

全ての電車の乗り継ぎが良かった事が
救いとなって
24に駆けつけた時は
bluebeardが演奏の為のセッティングをしていました。

ハスキンの出番が待ちきれない!といった風情の
キッズ達をかきわけ最前列へ

私が物凄い形相をしていたから
か、どうかはわからないが
隣にいた男の子に
『次ぎはなんというバンドですか?』と聞かれる。

『bluebeardだよ。』
『・・・・。』
知らないのか。
『すっごいかっこいいよ、ヤバいよ。』と
聞かれてもいないのに答えると
『へぇー。音はどんな感じなんすか?!』
ふふ!食い付いて来たね!!

『そうだねー。質のイイ洋楽のエモって感じかなー。
日本人とは思えないセンスだよ。』とか熱く語ると

『LIVING ENDみたいな感じっすか?』
『・・・・!』

真剣に答えて損した・・・

そんな事しているうちに始まりました。

つーか、いきなりボーカルが着ていたTシャツに
注目するけどね(笑)。

男の代名詞チャールズ・ブロンソンですからね。
うーン、マンダム!

話しそれた・・・
肝心のライヴの模様はですね
もちろん良かったです。

のびとびとしたボーカル
切なく熱いギター
2本のギタートベースとドラムの調和

私は鉄の柵を握りしめ
bluebeardのメロディーを聴きこぼさないように
耳を澄まして目を閉じた。

後半の演奏中にギターの弦が切れた
ギターの人は
とてもすまなそうに
何度も謝った。

ギターの弦が切れてこんなに謝るバンドに
始めて会った。

音楽に対する彼等の
プロ意識、熱い思いを垣間見た・・・そんな一幕でした。

キッズ達も思わず拍手!
な、ライヴでした。

-------------------------

次はBEATCRUSADERS

実はどんなバンドが出るのか全く知らなかった為
フロントにキーボードを
セッティングしているのを見て
your song is goodかぁ?!
なんて期待しちゃった!あは!そんなわけないか!

で、なんか手にお面持っていたから
『おぉ!もしや?!』

そうです。噂のお面バンド、ビークル。

始めて見ました。
お面!
でもさ、あれって入場の時だけなんだね。
ちょっとがっかり。
演奏中も付けていて欲しかったな☆

それはそうと
ちょっとCLUB24さん!
空調の温度設定低すぎですよ!!

もー、ほんと寒かった。
私は普通の格好していたからまだマシだったけど
まわりに居たTシャツのみのキッズ・・・寒そう(笑)。

ほんとね、もしかしたら外より寒かったかも!
耳まで冷たくなっちゃったよ。

しかもお腹空いていたの、わたくし(笑)。
空腹で寒いのって、なんか・・貧!

そんなこんなで集中して見れずに残念でした。

-------------------------

そしていよいよHUSKING BEEです。

前に居たら大変な事になるかもーと思いつつも
寒いから人肌で暖まろう♪
なんて一番前に居たら・・・・

失敗したな・・・・
後ろで見れば良かったよ・・・。

キッズ達が凄いのなんのって。

まぁ、好きなのわかるよ、ハスキンの事。
私も好きだしさ。
でも何故にダイヴ???

別にダイヴとかモッシュも
ライヴによっては全然アリだと思うけどさ
今のハスキンの音でダイヴは無理矢理じゃない?!
なんか不自然。

ゆっくり聴いた方が良いのになぁ
もったいない。

なので、『あ!危ない!』とか
『イテテ・・・・』とか
『スゲー、みんなうたってる・・・!』とか
そんな事ばかり目について
肝心のライヴを堪能できませんでした。かなり残念。

最後、アンコールで
欠けボタンの浜.DAY BREAKをアコギでやってくれた時は
流石にじっくり聴けてよかったです。
最後がanchorってのもニクいね。

なんかアンコールがたくさんあると特した気分ね。

MCではイッソンがエレカシのライヴにいった時のお話でした。
宮本氏はしきりに
『俺達が21世紀を作っていこう!』としきりに言っていたらしい。

そして、イッソン的には『たくさん恋したいです。うふ。』だそうです。

テッキンは美容院で予約カットしているらしい・・・(笑)。

そんなこんなであらてめてHUSKING BEEの人気を
イヤという程、思い知ったのでした。

でも、こんな事いうのもナンですが
でも言いますが
はっきり言ってこの日
いちばん良かったのはblue beard でした。

※blue beardの前にもうひとつバンドが出て居たそうですが
見れませんでした。


<bluebeard-repo.vol.3>

SET YOU FREE! vol.32
2001.1.27
高円寺20000V


BBQ CHICKENS
bluebeard
NICE VIEW
WATER CLOSET
RAZORS EDGE

豪雪!
朝から物凄い雪が降っていました。
まったくもって、やみそうもありません。

電車はちゃんと動いているのかなー?
不安になりつつも高円寺へ・・・

20000Vに到着すると
この雪の日に、どこから湧いて来たのか
人、ヒト、ひと!

チケット完売、満員御礼状態でした。
私は運良くこの日のチケットを手に入れる事が
できましたが、
行きたくてもチケット買えなかったなんて
人の声を、結構聞きましたよ。

SET YOU FREE(千葉氏主催のイベント)は何げに初参加。
行きそうで、行かなかったな。
この日でなんと32回目だって!
凄いなぁ。

--------------------------------

照明が落ちると
SET YOU FREEのテーマソングみたいな曲が
流れ、
1バンド目は
BBQ CHICKENS
どうやら、このバンドがお目当ての人が多かった様子です。

ハイスタ・健氏のバンドですからね。
音はパンクちっくなハードコア?
若げの至り!みたいなチープな感じでした。

健氏、リスペクトの『プーさん』の曲やら
サッカーの曲、
世界一のラブソング(笑)etc・・・
遊び心いっぱいでした。

健ちゃん楽しそう〜。

やっとドラムが決まったとの事で
この日のライヴを最後に
しばらくレコーディングに専念するとの事でした。

--------------------------------

そしてbluebeard
せっかくなので
前の方で見ようっとー
と思ったら前過ぎた(笑)!
20000Vってステージと近いからねー。

既にもう人が多いもんだからひくに、ひけないよぉ。
という事で、恥ずかしながらも
一番前で見させていただきました。(いつもだけど、笑)

この日は凄かったぁ。
だって7曲も!

7inchに入っている曲以外は
曲の題名を知らないのですが
1曲判明しました。

『snow』
うーん、この日にピッタリ(笑)!

最後の曲では名古屋のバンド
NICE VIEWのドラムの人が
ジャンベェで参加!

とても楽しかった!

だって、4人でも充分に凄いのに
他の楽器が入ったら・・・・・・最強!

例えば、キーボードとか入ったら
どうなんだろー?

なんて想像してしまいました。

bluebeardのライヴでは曲が終わる度に
どこからともなく、拍手。
この間ライヴを見た時にも見た光景。

思わず拍手してしまう
『聴かせる』ライヴですから。

最近ではすっかりハマってしまい
bluebeardを聴かない日、ないです。

特に、電車に乗っている時や
駅から自宅まで自転車で帰るとき、
景色が動くのをみながら聴くのがお気に入り。

ついついリピートで
繰り返し聴いています。
聴けば、聴く程染み入るメロディーを。

2月はライヴなしだそうです。
残念。

3月は3日にワッツで
14日はシェルターで、見れます。

まちきれないよー(泣)。

でも、がんばって待ちます(笑)。

--------------------------------

で、次は
NICE VIEW

なんか、凄そうな予感なので
後ろの方で・・・・

つーか、ほんとに凄かった!
しまった!
前で見たかった!

ド、ドラムが凄い!!
必死で背伸びして見てました。

そしたら、なんと
シンバルが割れてる!
一体、なにが?!

まさか、はじめから割れてるシンバル
使わないよね?!

という事は・・・・!?

いやー。スゴ!

なんか、このバンドとても惹き付けられました。

名古屋からやって来た4にん。
ファストコア?!なのかな?
ボーカルの目の血走り具合が、かなり素敵。
全員かっこよかった。

名古屋熱いなー。
いいなー。

また見れますように!!

そしてWARTER CLOSET,RAZORS EDGEと続きました。

どちらも良かったけど
とにかく、blue beadとNICE VIEWが良すぎました。

大雪の中
行った甲斐がありましたよー。


<bluebeard-repo.vol.4>

WORKING CLASS HERO
「It's still there」relese GIG
2001.3.14
@下北沢SHELTER


TORICO
bluebeard
NAHT
WORKING CLASS HERO

 

本日はWARKING CLASS HEROという京都のバンドのレコ発でした。
私のお目当ては、もちろんblue beard!
それでNAHTも見れちゃうなんて、うはー幸せ。

TORICOも京都のバンドだそうです。

NAHTはアルバムは全部持っているし、わりと好きで聴いています。
といいつつライヴを見るのは2回目。今日はドラムばかり見ていました。
かっこいいなー、ドラム。

WORKING CLASS HEROは始めて聴きました。
思いっきりブルビっぽい!嫌いじゃない感じです。

そんなライヴを見た今夜、あらためて実感したのです。
bluebeard最高!一番良かった!今、最も熱いぜ!(きんた調べ)

なもんで、今回はブルビのみレポります。

-------------------------------------------

レコード聴くだけでは飽き足らず、
今となっては、欠かす事のできなくなったブルビのライヴ。
月に2度くらい見れるのが理想。
もはや、中毒?!
SETYOUFREEぶりで、ちょっと恋しくなってきた頃でした。

7曲演奏。
今日も1曲、曲名判明。
『sleepless』
そういえば、歌詞にsleeplessって言葉出てくるもんね。

しみじみ聴き入りました。

特に『snow』!あのメロディー・・・・うっとり。

そして『endless way』。
歌詞はひたすら「endless way・・・・」

つい先日、車で横浜に行った時に、まだ作り途中の高速道路を見た。
普段何げなく使っている高速道路も、思えば、何も無かった空に作ったモノ。

長年勤めた会社を辞め、新しい事をはじめて行こうという私にとって
大きな道路を作り上げていく、その様子は
とても心強く、勇気が出る。
工事現場にて、感動。か、かっこいい!

まさに、それは『endless way』
何処迄も、何処迄も・・・

MCにて、ジョージ君より耳寄り情報!
なんと、なんと、ついにブルビの音源が5月頃に出るらしいです!!!!!
わーい!バンザ〜イ!

それにしてもブルビはいつも、『来た甲斐があった!』と思えるライヴを見せてくれるなぁ。