アルコールダンプニング連続給水システム湿し水原液


MAX液αは良い環境を作り出す湿し水原液として
オフセット印刷での用途の幅を広げました。

使用方法

定量混合方式では約200倍(0.5〜1%)でご使用下さい。

PH管理方式ではPH値5.5〜6.0でご使用下さい。

IPAは3〜5%添加して下さい。

設定例

循環器タンクの水が100リットルとするとMAX液αを約500cc(0.5〜1%)混合し循環、その後IPAを5リットル(5%)添加しておきます。

その後は規定量添加されるように設定して下さい。

 水に関するご質問、トラブルはご相談下さい。