~酒をこよなく愛する高瀬 斉が綴る~
呑斉の酒々日記












10月15日 「昨日は休肝日で日記はお休み」
 
お天気はそこそこで午前中公園を歩いてみる。桜の木、完全に葉を落したものとまだ葉を残しているものとがあり前者は毛虫にやられたものと思っていたが今日よく見ると所々に新葉が出て来ている。やはり葉が全部無くなっていたのは毛虫のせいだね。それとは関係ないだろうが、何本かの桜が花を咲かせている。春に咲いていた木だから寒桜とは違うので暑い10月のせいか。こんなご時世、植物もおかしくなるか。
 昨日衆院解散で普通の人になった議員先生達、選挙を戦い抜いて戻ってこれるのはどれくらいいるのだろう。
 夜、武田鉄矢の「昭和は輝いていた」で久し振りに渥美二郎の「夢追い酒」を聞いた。カミサンとよく行っていた阿佐ヶ谷の小さな飲み屋で初めて聞いて気に入りカラオケでもよく歌ったものだ。
 お昼は中華粽、夜は鶏唐揚げ、キャベツとコーンのコールスロー、シマ鰺と帆立の刺身、南瓜と莢隠元の煮物、〆に鯖寿司でビールとお酒、「田酒・純米大吟醸・四割五分」を空ける。これで終わりのはずだったがカミサンがナッツ・豆パンを出してきたのでしばらく飲んでいなかったウイスキー「シーバスリーガル12年」をロックで。

   
想い出す 飲み屋で歌った 夜長かな   呑斉




10月13日 「今日はサツマイモの日だって」
 
時々止むこともあったが一日中雨模様で寒さを感じる水曜日。カレンダーに「サツマイモの日」とあったので調べてみたら、サツマイモの産地・川越で決めたらしく「栗(九里)より(四里)美味い十三里」から来ているとのこと。煮ても焼いても天麩羅にしても美味しいが、大学芋などは久しく口にしていないなー。
 衆議院、明日解散か。政権交代になるかどうかの選挙だが野党連合も“野合連合”と言われるようじゃ次の受け皿としては・・・。
 お昼は焼きそば、夜は牛ステーキ、トマトとブロッコリーのサラダ、胡麻豆腐、キュウリとワカメ・カニカマの酢の物でビールと「田酒・純米大吟醸・四割五分」を冷酒と温燗で。今でこそ、発泡生酒でもお燗して飲む時代だが昔は本醸造ですら「燗してくれ」というと飲み屋の親父に叱られたものだ。


   
着るものを 選ぶ季節や 燗の酒   呑斉




10月12日 「予算いくら有っても足りないね」
 
午前中は曇り、昼前からパラパラと降り始め午後は降ったり止んだりの寒さを感じる一日。少し動くと汗ばむものの長袖に着替えた。蝉の声も聞こえなくなった。
 総選挙が近いせいで与野党から税金を下げるとか、コロナ対策で国民1人当りウン十万円支給しますとか耳に心地よい言葉が飛び出してくる。「GO TO・・・」再開の話も出て来たしね。
 W杯アジア予選、日本が2勝目をあげてサッカーファンは喜んでいるんだろうね。
 お昼はトースト、夜は蓮の鶏挽肉と大葉の挟み焼き、アスパラベーコン巻きがビールの友、鮪中落ち叩き、里芋・莢隠元・蕪・シメジ・厚揚げの煮物、ピーマンと茗荷の塩揉みで「田酒・純米大吟醸・四割五分」を、一升瓶だと中々減らないね。


   
肌寒く 虫の鳴き音も 力なく   呑斉




10月11日 「造りの始まった藏も多いね」
 カレンダーを見ると今日は振替休日になっているがモーニングショーなどでは「今日は休日ではありませんよ」などと言っている。オリンピックの関係で変わったんだけど勘違いしてしまうね。
 今日の都内の気温、29℃超えの夏日だったが夜はさすがに虫の音が秋を感じさせる。ミドリマツムシの賑やかな音が落ち着いた頃、遠慮がちにチンチンという久し振りの鉦叩きの鳴き音が聞こえてきた。賑やかなのもいいけどこうした静かな音もいいものだね。
 お昼は玉子焼きなどで素麺、夜は牛肉と野菜(玉葱・ピーマン・椎茸)の炒め物、鮎塩焼き、カンパチ刺し、焼き半片(山葵など乗せて)、春菊ゴマ和えなどでビールと「田酒・純米大吟醸・四割五分」を。今日は送って頂いた新米ご飯に佃煮などを乗せ〆のつまみとした。

   
研ぎ汁の 濃き新米も 酒菜にし   呑斉




10月10日 「体育の日」
 
前の東京オリンピック、1964年の今日が開会式だったんだよね。小生、大学1年生、漫研の合宿で大糸線に乗って八方尾根に行くということで前夜土砂降りの雨の中、新宿駅のホームにしゃがみ込み夜行列車を待っていた。翌日は合宿所のTVで開会式を観たっけなー。57年も前の話だ。コンタクトレンズにしたのもこの年で、昨年56年振りにメガネに換えたがまだ何となく慣れていない。
 今日は午前中少し雨がパラツイタが午後は太陽も顔を出し暑くなった。新型コロナ感染者、東京は二桁か。人流も増えこのまま収束するとは思えないが早く日常が戻ってくるといいね。
 お昼はトースト、夜はタレ漬け豚ロース焼き、トマト・アボガド・カニカマなどのサラダ、厚揚げ焼き、オクラの梅肉和え、金時豆、アオリイカの塩辛などでビールと「田酒・純米大吟醸・四割五分」を。


   
虫の音を 慣れぬメガネが 追いかける   呑斉




10月9日 「久し振りの外飲み」
 
午前中は雲が多かったが午後には陽も射し少々蒸し暑い一日。今日は「塾の日」とあるが子供の頃は塾といえば習字とか算盤くらいしかなく、小生は習字を習っていたね。
 夜6時過ぎ西荻窪駅近くの某所で「日本銘酒の会」役員会ということで集まり、定例会や今後のことについて相談。その後の飲みは小生にとって1年半振りの外飲みとなる。新潟「〆張鶴」未発売純大の試飲、千葉「不動・薄にごり」、神奈川「いづみ橋」、青森「田酒・特純」、岩手「月の輪」などの飲み比べをサーモンのマリネ、メヒカリ唐揚げ、蕪クリーム煮などで楽しみ10時には帰宅。


   
久方の 外飲み乾杯 秋の夜   呑斉



10月8日 「もっと大きな地震が30年以内に来るというのだが」
 
朝はきれいな青空に鰯雲が浮かび秋を感じさせていたのだが、日中は昨日と打って変わっての暑い一日、練馬などでは30℃超えの真夏日だ。こんな中、昨日の地震の影響でいくつかの駅で入場制限のため長い行列が出来たと報じていたが、通勤などの人たちは大変だ。
 9時過ぎ、いつもの公園コースを歩く。珍しく園児らの声が聞こえなかったなー。都内のコロナ感染者数1週間ほど200人を切っているのかな。
 昼は玉子サンド、夜はカレーを食べたいというのでポークカレーを作り、2種のサラダで今夜はビールのみ。


   
パジャマ干す 指の向こうに 鰯雲   呑斉




10月7日 「10年振りの震度5」
 そろそろ寝るかという時にグラグラっと来た。千葉県北西部が震源らしいが東京の足立区、埼玉県川口市で震度5強、我が家では被害は無かったものの久し振りにビックリした。
 今日は一日曇り空で肌寒く長袖に着替えたが明日はまた暑くなるというから落ち着かない10月だ。
 パリで開かれた「KURA MASTER2021」というお酒の審査で東京「澤ノ井・純米大吟醸」が最高賞である「プレジデント賞」を獲得したという。この蔵には何回かお邪魔しているが、小澤会長お元気だろうか。
 お昼は冷やし饂飩、夜はメンチカツ、ベーコンとトマト・セロリの玉子炒め、秋刀魚塩焼き、鱸刺しでビールとお酒を。お酒は青森「田酒・純米大吟醸・四割五分」を。


   
細くとも 秋刀魚は秋刀魚 塩焼きに   呑斉




10月6日 「豚の炒め物の写真、撮ってなかった」
 
明日は涼しくなると気象予報士は言っているが、今日も残暑で歩きに出る9時過ぎ頃でも陽射しは強い。公園では園児らが手にビニール袋を持って何かを拾っている。団栗などを拾っているのだろうか。いつものグラウンドでは大勢の紅白帽を被った小学生が走ったり転がったりしている。中に一人だけ皆に背を向けグラウンドの隅の柱に寄りかかるように座り込んでいる少年がいる。誰も気にとめる風でもないのが気になった。
 川の中では川鵜が一羽、翼を休めている。今日も汗染みを作りながらの小一時間の歩き。コロナ感染者数随分減ってきたがどう推移していくのかね。
 お昼はトースト、夜は豚肉と野菜(玉葱・キクラゲ・ピーマンなど)の中華風炒め、トマト・カリフラワー・茹で玉子のサラダ、干し鰈焼き、里芋と莢隠元・蒟蒻・シメジ・人参の煮物、大根の漬け物に味噌マヨなどでビールとお酒を。お酒は福井「梵・純米大吟醸」を。


  
 鴉より 川鵜が似合う 濡れ羽色   呑斉




10月5日 「ノーベル賞か」
 
昨日は休肝日で日記は休んだが連日10月とは思えない暑い日が続き、公園を歩いていても木陰のないところは日光がきつい。紅い彼岸花が2本だけまだ咲いていた。
 ノーベル物理学賞、日本の真鍋淑郞さんに決まったと夕方のニュースで報じていた。アメリカの大学だから出来た地球温暖化の研究らしい。日本じゃこうした研究に対して研究費は中々出ないんだね。日本の今の暑い秋に合わせたようなニュースだ。今日も先日と同じ所に守宮が逆さまにへばり付いてたなー。
 お昼は素麺を、夜は豚の柳川風鍋、枝豆、蒲鉾、キュウリと茗荷・ワカメの酢の物、アオリイカの塩辛などでビールとお酒「龍力・土のときめき・純米大吟醸」を。〆にシメジなどの混ぜご飯を。

   
名ばかりの秋 公園で 汗流す   呑斉




10月3日 「今日はビールのみ」
 
さすがに朝は涼しいものの、いいお天気で日中は夏日で暑くなった。TVでは岸田内閣の大臣内定速報が次々と流れてくる。20人のうち13人が新入閣で若い人の抜擢もチラホラ、野党は消費税率5%に下げるといっているが総選挙での結果がどうなりますか。
 コロナ騒ぎ、自治体発行の飲食店認定書、あれってどこまで信用できるのかね。認定書張ってあっても9時以降も堂々と営業している店があるようだし。
 お昼は本荘うどんを茹でてみる。夜は地鶏焼き、トマトと隠元・チーズなどのサラダ、ズッキーニサラダ、サツマイモのバター風味煮などで今日はビールのみにして塩鮭でご飯を。夜、台所の窓の外にヤモリがへばり付いていた。


   
逆さまに 硝子戸越の 守宮かな   呑斉




10月2日 「豆腐の日か」
 
30℃超えの真夏日だって、週明けも暑さが続くようだ。この暑い中緊急事態解禁で観光地は賑わいを取り戻しているようだし、夜の街も酒が飲めるとあって生ビールを美味しそうに喉に流し込む映像がTVで流されている。運動不足のせいだろう、ここ二、三日左腰に来ている。
 週明け頃から組閣が始まるんだろうけどどんな顔ぶれになるのか、独自色が出るのか、興味がある。そういえばハンカチ王子こと日ハムの斉藤投手、引退するんだね。怪我で成績は伸びなかったけど15勝ほどしたのかな。早稲田の後輩だけどもう少し頑張って欲しかったね。夜飲み始めると遠くでゴロゴロと鳴り始め雨も降り涼しい風が流れ込んできた。
 昼はトースト、夜は昨日のおでん、豚肉と野菜の炒め物、冷や奴、筋子おろし、モズク酢などでビールとお酒を。お酒は新社長になった兵庫「龍力・土のときめき・純米大吟醸」を。冷蔵庫の奥に眠っていたものを楽しむ。


   
遠雷も 情緒となりて 盃口に   呑斉




10月1日 「今日は日本酒の日」
 
台風が来るというので庭の植木鉢を下ろしたり、それなりのことはしておいたのだが住居区域では午後に少し雨風が強めになったくらいで大事になることはなかった。
 今日は「日本酒の日」で、しかも緊急事態解除ということもあり各地で“乾杯”の声が上がっているんだろうね。この記念日が出来たのが昭和53年(1978)だから43年前ということになる。10年くらい前までは笛吹けど踊らず感があったけど今はコロナ禍で形は変わったかもしれないが各地でイベントがあるようだね。小生は相変わらずの家飲みだが。
 お昼はざる蕎麦、夜はおでんを作り、ボイルソーセージ、スモークサーモン・玉葱・隠元のサラダ、ノドグロの干物、アオリイカの塩辛などでビールと「梵・日本の翼」の残りを空ける。


   
家飲みも 長く続きて 日本酒の日   呑斉




9月30日 「あとは組閣、衆院選か」
 
台風16号が近づいているが東京は午後は雲も出て来たもののいいお天気で朝干した洗濯物が昼前には乾いていた。
 36年前(1985)の今日、埼京線が開業(大崎~大宮)したとある。たまにしか乗ったことのない路線だが、JR公式路線名称としては「埼京線」は存在しないんだね。
 「緊急事態宣言」は今日まで、明日からは飲食店でのお酒の提供がOKになるということで酒屋や居酒屋などがホッとしている様子がニュースなどで流されている。我慢の時間が長かったからなー。
 お昼は素麺、夜はハンバーグを焼き、アボガド・トマト・セロリ・カリフラワーのサラダでビール、厚揚げとシメジ・シシトウの煮物、蒲鉾、数の子山葵などで「梵・日本の翼」を。


   
フライパン 洗いながらの 虫の声   呑斉




9月29日 「上手く舵取りしてくれればいいが」
 
いいお天気で、今日も小一時間ほど歩いてきた。ちょっと寄り道をしたのでいつもより一つ先の橋まで行って折り返したのだが槐(えんじゅ)の黄白色の花がチラホラと散り遊歩道を染めていた。調べてみたら槐は夏の季語なんだね。自民党総裁選、岸田に決まったが落ち着くところに落ち着いたといった感じか。夜久し振りに庭でミドリマツムシが賑やかに鳴いていた。以前も書いたが突然ピタッと鳴き止みシーンとなり数十秒後に再び賑やかになるところが面白い。
 お昼は玉子サンド、夜は焼き餃子、スモークサーモン・玉葱、アボガド・セロリのサラダ、枝豆、厚揚げ焼き、鮟肝などでビールとお酒を。お酒は福井「梵・日本の翼・純米大吟」を。数年冷蔵庫に寝かせていたものだが、香り、旨味、甘味などどれをとっても優しく、丸くなり飲み飽きない。今日も〆に栗ご飯。


   
散る為に 咲きしがごとく 槐かな   呑斉




9月28日 「経済動かさねば・・・か」
 
秋が来たと思ったら今日の日中は26℃を超えて夏日になったが、午前中公園を歩いたときの身体に感じる川風が心地よい。所々に咲いている百日紅の紅い花がいいアクセントになり、遊歩道にはドングリが散らばっていたりもする。園児帽を被った子供達が声を上げて遊んでいるのもいつもの光景だ。枯れたように葉を落している桜の木があるが毛虫のせいだろうか。周りの木々を眺め、100mの歩数を数えてみたりと小1時間の散歩が終わる。
 「緊急事態宣言」今月いっぱいで解除か、いい流れになっていけばいいが。
 お昼はトースト。夜は栗ご飯を炊き、豚と玉葱・ピーマン・椎茸の中華風炒め、ノドグロの薩摩揚げ、筋子、昨日の残り物などでビールと「鳥海山・生酛・純米」の残りを温めて。


  
 園児らも この団栗を 拾いしか   呑斉
 




9月27日 「白鵬、引退か」
 
朝は寒さを感じ、日中は気温が24度台までいったようだが長袖のTシャツで丁度よかった。そういえば、いつものような賑やかな虫の音が無かったような、夜の気温が低くなってきたということなのか。
 横綱・白鵬が引退表明したという。強かったけど“綱”の品格に問題ありだったがお疲れさん。また一人横綱になってしまった。大関陣気合い入れなくちゃ。それとも若い力が台頭してくるかな。
 夜、福岡から梨が届く、ありがたいなー。
 お昼はインスタントの味噌ラーメンを。夜はメヒカリのフライパン焼き、牛刺し、甘海老刺し、甘海老の頭煮、鮟肝、一昨日の肉じゃがなどでビールとお酒「鳥海山・生酛・純米」を冷酒で。〆に蓮・きんぴら入り稲荷寿司を。


   
甘海老や 青き抱卵 そっと食べ   呑斉




9月26日 「台風、東に逸れてくれないかな」
 
昨日と同じく雲の多い一日で今日も寒さを感じる。それでも時折公園の方からツクツクホウシの声が聞こえてくる。都内のコロナ感染者数200台に減り、住んでる区内でも一時は三桁あったものが一桁になっている。相撲も今日が千秋楽、横綱・照ノ富士の優勝で終わったが東の横綱と大関1人が休場の中の13勝2敗はちょっと物足りない。
 夜、テレビの日曜映画劇場で久し振りに「007・スペクター」(2015)を観た。昔の方がゆるい感じがするものの面白かったような気がする。
  お昼はトースト、夜は鰻丼、トマト・セロリ・エリンギの玉子炒め、枝豆、焼き茄子、ワカメと茗荷の酢の物でビールと「鳥海山」をお燗で。今日は40度近くまで温めてみたら昨日の温燗で浮き上がった甘味がギュッと締まり中辛の飲み口になった。敢えて書くこともないがお燗の世界は面白いね。


   
異世界へ 誘う手品 燗の酒   呑斉




9月25日 「残暑は昨日までか」
 
一日中雲の多い空で昨日までの暑さはどこ行ったんだといった肌寒い日。台風が来週末辺りに来そうだと天気予報でいっているが外れて欲しいね。大相撲、妙義龍が1人3敗を守り優勝決定は千秋楽に持ち越されたのはいいけど大関の体たらくはひどいね。
 お昼はキノコやネギを具にした和風スパゲティ、夜はいつも通りビールとお酒なのだが、肉じゃが、金目煮、筋子などが肴だったので「生酛純米・鳥海山」を飲んでみる。秋田「天寿」の純米で冷酒と温燗でやってみた。
酸の切れがよく辛口感があるが、軽く温めると酸が優しくなり甘さが浮き上がってきてより楽しい飲み口となった。昨日の鮎の卵部分、隠元のゴマ和えに栗を散らしたもの、冷や奴なども“山吹色”のつまみに。

  
 急に冷え 山吹色を 温燗に   呑斉




9月24日 「暑いと蝉も元気になるなー」
 
9月もあと1週間ほどだというのに今日も真夏日、暑い一日だった。
 新型コロナ、感染者数が急激に減りワクチン効果だ何だといっているが夏の初め頃に戻った感じかな。緊急事態宣言も一応今月いっぱいで解除ということで巷の飲食店などがインタビューを受けているがお酒や食材などの仕入れは見切り発車ということになるのか。今日のインタビューでは以前飲みに行ったことのある店が出てたね。
 お昼はトースト、夜は子持ち鮎の塩焼き、帆立刺し、チーズ・カリフラワー・セロリ・茹で玉子のサラダ、枝豆、鉄火太巻きなどでビールと「末廣・伝承山廃純米」を。


   
天塩を 多めに振りて 子持ち鮎   呑斉




9月23日 「秋分の日」
 
今日は30℃を超え真夏日となった。ちょっと動くと汗が滲んでくる。今日からは段々夜の時間が長くなっていくのか。お彼岸ということで仏壇にお酒を供えておいた。親父も酒が好きだったが、早くに死んだので一緒に盃を交わしたことは無い。
 午後、途中からだったがBSで映画「タワーリング・インフェルノ」を観た。’75年に日本で公開されたもので記憶も薄れていたが、スティーブ・マックイーン、ポールニューマン、ウイリアム・ホールデン、フレッド・アステア、ロバート・ボーンなど懐かしい顔が登場していた。
 大相撲、照ノ富士が明生に敗れて2敗目となり取りあえずは横綱の独走に待ったをかけたが後を追う力士も負けてるんじゃ情けない。
 夜、庭の虫の音も“集く”ほどではないが賑やかになってきた。
 昼は素麺を、夜は地鶏塩焼き、焼き野菜(人参・ジャガ芋・薩摩芋・ズッキーニ・エリンギ)、鰤照り焼き、ヒジキ煮、数の子山葵などでビールと「末廣・伝承山廃純米」を。


   
盃を 選び供える 彼岸かな   呑斉




9月22日 「明日はまた祝日か」
 
30℃近くまで上がったようで夏の暑さの一日だった。こんな気候じゃ玄関前の金木犀の花びらが散っていても何かピンと来ない気がする。取りあえずは扇風機だけで済んだが明日の秋分の日も暑くなりそうだ。昨日庭の木に蜘蛛の巣が張っていたので払っておいたのだが今朝同じ所にまた張っていた。朝陽に当たって光って見えるけど昼間だと気付かないんだよね。新型コロナ新規感染者数、1ヶ月連続して前の週を下回っているようだが連休明けにまたリバウンドしましたなどというのは願い下げたいね。しかし、家飲みも長くなったなー。
 昼はトースト、夜はオムレツ、鮪切り落し刺し、冷や奴、目刺し、ピーマンと茗荷の塩揉みなどでビールとお酒を。お酒は福島「末廣・伝承山廃純米」を。1年前の瓶詰めだが甘さが落ち着き山廃の酸の楽しさを味わう。


   
花散れば ただの庭木や 金木犀   呑斉




9月21日 「今日はビールのみ」
 
午前中の公園は陽射しがあっても木陰に入れば吹く風が気持ちいい。とはいえ、汗っかきの小生直ぐにTシャツに汗染みが浮き上がってくる。紅い彼岸花はまだ咲いているが先に花開いた白彼岸花は大方枯れて幽霊のようで、花の華麗さとの差が大きい。途中のグラウンドでは野球の練習とは違った声が聞こえてきたので覗いてみると小学生のグループが大きなバルーンで楽しそうに何かの競技をやっている。
 十五夜ということで夜、空を覗いてみたが雲が多くぼんやりと見えた程度だった。
 お昼はざる蕎麦、夜は栗ご飯を炊いたので豚肉の野菜(人参・隠元・エリンギ)とチーズ・紫蘇のロールなどでビールを飲み、塩鮭やヒジキ煮などで栗ご飯を。

  
 生徒らの 嬌声響く 秋の空   呑斉




9月20日 「敬老の日」
 
今日もいいお天気で朝から布団干し。カミサンも“敬老”される側だもんなー。親の時代には町内会から「お元気ですか」といってお祝いを頂いたものだが、今は町内会自体活動していないようでいつの間にか町内会費も集めに来なくなった。
 大相撲、横綱に土が付いた。大栄翔の金星、これで少し面白くなってきたね。今日もいい月夜で天空にある月の右隣に大きな星が輝いていた。
 お昼は焼きそば、夜はジャガ芋・茄子・椎茸のグラタン、銀鱈の西京漬け焼き、ワカメと茗荷の酢の物、辛子明太子とオクラなどでビールと「司牡丹・寿」を空ける。


  
 身を屈め 夜空を見上ぐ 十四夜   呑斉




9月19日 「台風一過」
 
朝から晴れ上がり気持ちのいい青空が広がっている。気温は30℃近くまで上がり湿度はあまり高くないようだが夏が戻ってきた感じ。世間は連休で観光地は賑わっているようで、駐車場には長い列。「緊急事態宣言」などどこ吹く風といった態。大阪の「だんじり祭」も開催されたんだ、2週間後の新型コロナ感染者数増えなければいいのだが。夜はいい月が出ていたが明後日は十五夜か。
 お昼はトースト、夜は愛媛から栗を送って頂いたので地鶏と甘辛く煮てみた。他にはトマト・ブロッコリー・茹で玉子のサラダ、胡麻豆腐、蒲鉾、数の子山葵などでビールと「司牡丹・寿」を。

   
湯に浸けて 剥く栗皮の 堅さかな   呑斉




9月18日 「珍しい進路の14号」
 
台風14号、福岡に上陸とあるが最初の上陸地が福岡県というのは初めてらしい。その影響を受け東京は夜中に土砂降りの雨、何時頃だったか公園の拡声器から流れる区の大雨洪水注意報のサイレンで起こされ、暫くして川に設置されている洪水警報の音も聞こえてきていた。大事にはならなかったようだが昼のニュースで区内のマンホールから水が吹き上がっている映像を流していた。日中は降ったり止んだりの一日。午後は何となく眠く大相撲にチャンネルを合わせてもあまり気が入らない。夜はミドリマツムシの音が大きくなった。
 お昼は冷やし饂飩をコロッケなどで。夜は海老チリ風炒め物、鮎塩焼き、ホウレン草ゴマ和え、モズク酢などでビールと「司牡丹・寿」を。


   
秋場所や テレビの音に 目が覚めて   呑斉




9月17日 「明日は関東にも台風か」
 
予報では午後に雨マークが並んでいたが一日中曇り空だった。ジッとしているとそうでもないが少し動くと汗がにじんでくるほどの気候。夕方遠くでツクツクホウシが鳴いていた。そういえば、蜩の鳴き声は久しく聞いてないなー。大相撲、6日目にして全勝が横綱1人って言うんじゃ面白くないね、他の力士もっと頑張ってくれないと。明日から日曜にかけて関東地方を台風が通過して行くらしい。
 お昼はトースト、夜は豚カツ、カンパチ刺し、蒲鉾と辛子明太子、金時豆の煮物などでビールと「司牡丹・寿」を。


   
遠くから 語尾のかすれし 法師蝉   呑斉




9月16日 「少し涼しくなったかな」
 
蝉の音を聞くとまだ夏なのかと思うし、虫の音を耳にすれば秋が来たかと感じる今日この頃、台風14号が不気味な動きをしながら日本列島を窺っている。お米も実り始めてきた頃だし、大きな被害にならなければいいが。いつの間にか玄関前の金木犀が咲いている。香りで分かるはずなのだがうっかりしてたなー。夜、満月ではないがいい月が出ていた。
 昼はベーコンエッグなどでトースト、夜は昨日のビーフシチューの残り、ズッキーニのサラダでビール、トンブリトロロ、オクラ梅和え、厚揚げ・シメジ・シシトウの煮物で高知「司牡丹・寿・大吟醸」を。2年近く冷蔵庫で寝ていたものだがアルコールと甘味がいい具合になれて来ている。


   
ベランダに 斜めの影や 秋の月   呑斉




9月15日 「昨日は休肝日」
 
曇りたまに晴れ間ありといった午前中の公園歩き、右の耳にはツクツクホウシ、左からはコオロギの鳴き音が聞こえてくる。彼岸花、一昨日には無かったところにどんどん芽を出し花を咲かせている。数年前には考えられない繁殖力だ。自民党総裁選、石破が下りて野田がウロウロ、いろんな駆け引きがあるんだろうね。
 夜、庭からの虫の音が多くなってきた。気付いたのだが、ある程度鳴き続けると数分ほどピタッと鳴き止み騒々しかった庭がシーンとなるんだよね。なんか不思議。
 お昼はトースト、夜はビーフシチュー、トマトと隠元・貝割れ菜・コーンのサラダ、枝豆、焼き茄子、冷や奴、佃煮などでビールとお酒「東光・純吟原酒」の残りを空ける。


   
虫の音の ピタリと止る 間の不思議   呑斉




9月13日 「朝刊休みか」
 
強い陽射しもなく何となく曇りがちな空だったが都内では30℃を超えたらしい。午前中のウオーキングでは汗をかいた身体に川風が心地いい。先日歩いたときは白い彼岸花ばかりだったが今日は紅い花も咲き始めている。藤井聡太二冠、今度は史上最年少の三冠になったと夜のニュースで報じていた。日本酒業界でも若い力が現在の危機を乗り越えていくんだろうね。一方で長老が蠢く日本の政治はどうなるのだろう。
 お昼は焼きそば、夜は豚肉とキクラゲ・厚揚げ・ゴーヤの中華風炒め、トマトとアボガド・セロリ・茹で玉子のサラダ、酒肴四点盛り(胡麻豆腐、辛子明太子、数の子山葵、浅蜊と昆布・キクラゲの佃煮)で一杯。

   
紅紅 白白 白紅 曼珠沙華   呑斉



9月12日 「大関がぽろぽろ負ける初日でした」

 
曇りがちでも蒸し暑く、冷房を入れようかとも思ったが扇風機で過ごした一日。大相撲秋場所が始まったが東の横綱がいなくて寂しい。所属部屋にコロナ感染者が出たんじゃ仕方が無いけどね。国技館場所には毎日同じ席で観戦していたちょっと目立つ女性、今日はいなかったなー。取り組みが終わる6時頃外を見るとすでに薄暗い、夕日の落ちるのが早くなり夜の虫の音が増えてきた。
 お昼はトースト、夜はメンチカツ、クリームコロッケ、トマト・セロリ・ラディッシュ・コーンのサラダ、サツマイモのバター風味煮、燻製ホタルイカのオイル漬け、佃煮屋の煮鱈子、ナメコおろしなどでビールと「東光・純吟原酒」を。


   歯を磨く 背に虫の音の 被さりぬ   呑斉




9月11日 「秋らしくなっては来たが」
 昼前にパラッと来た雨も直ぐ止み午後には時折陽も射すようになり蒸し暑い一日。新型コロナ、ここの所都内の感染者数が減ってきてはいるが専門家はその理由が分からないという。ワクチン接種者が増えたからとする人もいるがどうなのだろう。今の波がこのまま収まってくれるといいのだけど。夕方洗濯物を取り込んで空を見上げると鰯雲が浮かんでいた。空にも秋が来つつあるんだね。羊雲、うろこ雲、鯖雲などの異名がある鰯雲だがアメリカでは“マックロウ・スカイ”(鯖の空)と言うらしい。
 お昼はトースト、夜は鯵のソテー、焼売、鱸刺し、シラスおろし、辛子明太子、南瓜といんげんの煮物などでビールと「東光・純吟原酒」を。

   
干し物を 手に持て見上ぐ 鰯雲   呑斉




9月10日 「白い花の方が早いのかなー」
 
気温も30℃を超え久し振りに暑さを感じた一日だがエアコンは点けずに過ごせた。まだ暑くなる前に公園を小一時間ほど歩いてみたが先日より秋に近づいたというか虫の音が多くなり、赤蜻蛉も飛んでいた。蕾だった彼岸花も花を咲かせ始めている。白い彼岸花だ。自民党総裁選、石破は20人の推薦人を集められないのかな。
 お昼は冷やしきつねうどん、夜は焼き餃子、トマト・セロリなどの玉子炒め、枝豆、しめ鯖、トロロトンブリ乗せ、蒲鉾、数の子山葵などでビールとお酒を。お酒は山形「東光・純吟原酒」、原酒といっても16度なので旨味とのバランスが丁度いい。


   
過ぎりゆく 見てとばかりに 赤蜻蛉   呑斉




9月8日 「お酒控えています」
 
ここ数日、お腹の調子がイマイチなので念のためお酒控えています。
 昨日、久し振りに公園のいつものコースを歩いてみる。木の上からはツクツクホウシが、草むらからは虫の音が聞こえ季節の変わり目にいることが感じとれる。百日紅が咲き、彼岸花もまだ蕾だが”ちんあなご”のように何本も地面から伸びていて、花開く前も情緒がある。


   
水補給 百日紅の 木の下で   呑斉


9月5日 「皆、喜寿になる年代だからなー」
 雨降りの予報もあったが日中は殆ど曇り空でどうにか洗濯物も乾いた。洗濯物を取り入れているとき、庭からコオロギの音と一緒に久し振りに鉦叩の鳴き音が聞こえてきたが、鉦叩は家の天井辺りから聞こえてくる方が情緒があるなー。
 幼馴染みで、今は山形の酒田市に住むD君から近況を伝える葉書を貰った。T君にも送ったが返事がないと電話の向こうで心配していた。
 お昼は卵を落とした野菜スープなどでトーストを、夜は豚肉とキクラゲ・小松菜の炒め物、スモークサーモン、大根・南瓜・茄子の煮物などで今夜はビールのみ。〆に鮭カマを焼いてご飯を少し。

   
侘び寂びは 部屋内こその 鉦叩   呑斉




9月4日 「納豆は毎朝食べているが」
 大した雨ではないが降ったり止んだりの一日で今日も肌寒い。
 9月4日は「クラシック音楽の日」とある。そういえば先だって亡くなった漫研時代の仲間、T君はモーツァルトが好きで「永遠の友・モーツァルト」という自費出版本を亡くなる直前に送ってくれたが、建築学科出身の彼にこのような趣味があったとは驚きだった。
 1964年から毎年発行されている「温古知新」(秋田今野商店)という本がある。十数年前に小生も寄稿させて貰ったが、先ほど届いた№58に納豆菌の蛋白質分解酵素が新型コロナウィルスのスパイク蛋白質を分解し感染を阻止するという文章を見つけた。東京農工大M先生が発表した論文らしいがいい形で利用できるといいなー。
 お昼は焼きそば、夜は焼き餃子、レタス・シメジ・セロリの玉子炒め、鰤塩焼き、胡麻豆腐、南瓜煮などでビールと「鳥海山・生酛純大の残りを空ける。


   
秋寒や 納豆菌に 希望見る   呑斉




9月3日 「政治評論家も引っぱり凧だ」
 
今日も雨模様の肌寒い一日、庭隅からコオロギのか細い鳴き音が聞こえてくる。
 滋賀「不老泉」上原会長が亡くなったという。ご冥福をお祈りいたします。ここも想い出の多い藏だ。
 菅首相、総裁選に出ないというニュースが駆け巡ったが次期総裁は誰になるのだろう。いずれにしても自民党も大変だ。
 お昼はトースト、夜は豚カツ、トマト・玉葱・スイートコーンなどのサラダ、鰹刺し、大根煮、莢豆のゴマ和えなどでビールと「鳥海山・生酛純大」を。


  
 誰を呼ぶ 昼間コオロギ 雨上がり   呑斉




9月2日 「秋霖という言葉を思い出す」
 
今日も終日雨模様で昨日に続き肌寒く長袖に着替える。玄関前に紫色の小さな花が咲いている、名前は分からない。
 池袋の自動車事故・殺傷事件、5年の禁固刑という判決が出た。容疑者は90歳というが人生の大半、頭を下げる事無く過ごしてきたんだろうね。
 お昼はカレーを、夜は茄子とポテトのグラタン、ソーセージ、トマト・セロリ・オクラ・茹で玉子のサラダ、ホタルイカのオイル漬け、秋田の粕漬け、ピーマンと茗荷の塩揉みなどでビールとお酒を。「鳥海山・生酛純大」をグラタンと合わせてみたが中々の相性、生酛系の良さを楽しめた。そういえば、チーズと日本酒とか、活性濁りを温めるとか色々試していた時代が懐かしいなー。

 
   
初の秋 熱きグラタン 生酛酒   呑斉 




9月1日 「長月の始まりだ」
 雲が多く時々雨が降るといった天気だが、気温が昨日より10度も下がるという涼しい一日。それにしても手のひら返しのように急に秋が来たといった感じで陽が落ちるのも早くなってきたね。朝顔が白い花を咲かせている横で、死んだ油蝉が雨に打たれている。7日間の命を全うしたのだろうか。もっとも何年か前の記事では30日くらい生きている蝉もいるとか書いてあったが。
 小生の宅飲みは続いているが、世間でも宅飲みが増えている中ウイスキーの需要が17%増えたらしい。日本酒も増えてくれればいいのだが。
 お昼は冷やし饂飩を。夜は焼売、アスパラベーコン巻き、冬瓜の鶏そぼろ餡、鮭の西京漬け、ブロッコリー梅和えなどでビールと「天寿・鳥海山・生酛純大」を。


   
仰向けに 雨に打たれて 蝉骸   呑斉




8月31日 「8月も終わりか」
 
朝の陽射しは短い間で、その後は晴れたり曇ったり、午後2時過ぎには俄雨があったものの蒸し暑い。夜にも雨が降り少しは気温下がったかな。明日からは9月、涼しくなるという予報だが・・・。
 都内のコロナ感染者数、ここ1週間ほど、前の週の同じ曜日を下回るようになった。それでも2000だ3000だという数字、若い人や中年層にも感染者が広がり、芸能人やタレントの名も毎日出て来る。1回、2回の
検査で陰性でも油断ならないんだね。
 お昼はカレー、夜は牛いちぼステーキ、トマト・ブロッコリー・セロリのサラダなどでビール、蒲鉾・莢豆・椎茸の煮物、シラスおろし、キュウリとワカメの酢の物などで「天寿・鳥海山・生酛純大」を。


   
ほろ酔いの 耳に秋呼ぶ 雨の音   呑斉




8月30日 「そういえば、今日も鉦叩の音が聞こえないなー」
 
都心の気温、35℃は超えなかったものの今日の陽射しの強さはきつかった。午前中、詰まり気味だった2階のトイレをどうにか直す。
 渋谷のワクチン接種場の抽選行列、初日ほどではないにしても今日も朝早くから並んでいるらしい。
 将棋の藤井聡太王位、竜王戦挑戦権獲得か、史上2番目の若さとあるがコロナや自民党総裁選に出る出ないなどというスッキリしないご時世にスポーツ界同様輝いている若者のニュースはいいね。
 お昼は玉子サンド、夜は豚の冷しゃぶ、トマト・莢豆・ツナなどのサラダ、冬瓜の鶏そぼろ餡、西京焼き、胡麻豆腐などでビールとお酒を。お酒は秋田「天寿・鳥海山・生酛純大」を。生酛の酸の楽しさを味わう。 


   
虫の音の 無き天井を 見上げたり   呑斉




8月29日 「夏休みもそろそろ終わりか」
 
朝から曇りがちな一日で時折陽が射す程度だったが蒸し暑いのには変わりない。地下鉄のエスカレーターで硫酸をかけた男が捕まったというニュース、大学時代のサークルでの先輩だという。どういった動機かは知らないが嫌な事件だね。夏休みも終わり近いが、今のような状況下では子供達や学生らも大変だなー。
 先日の鉦叩、一夜きりで昨日今日と鳴く音が聞こえてこないが布団に入る前、廊下の戸を閉めるときコオロギの鳴き音が聞こえていた。虫の音を雑音と捉える人もいるというが人それぞれだ。
 お昼は冷や麦を茹で、夜はコロッケ、トマト・アボガドのサラダ、枝豆、冷や奴などでビールのみ。今日は久々のカレーがメイン。

  
 戸を閉める 手を止めて聞く 虫の声   呑斉




8月28日 「昨日は休肝日で日記はお休み」
 暑さが中々収まらない。今日も一日暑かったが、この暑い中、朝からワクチン接種の抽選券を求める若い人たちの行列が1㎞以上出来たという。若い世代のコロナ感染者が日ごとに増えているからなー。それにしてももっと上手い方法がないものかね。
 夜一杯やっっていると鉦叩の鳴き声がどこからともなく聞こえてきた。先日の蟋蟀もそうだが、虫の世界では秋の気配が漂って来ているんだね。
 昼はトースト、夜はアスパラベーコン巻き、ポテトサラダ、トマト・アボガド・チーズのサラダ、厚揚げ・椎茸・莢豆の煮物、鰈の煮付け、鯛刺しなどでビールと「北雪・純吟」の残りを空ける。


   
姿無く 忍者のごとく 鉦叩   呑斉




8月26日 「暑~~~い」
 
東京はこの夏2度目の35℃超えの真夏日だって、残暑なんてもんじゃないね、湿度も高く朝からへばっている感じ。冷房の効いている部屋から出ると汗がじわっと出て来る。布団干しもしたりでTシャツ2枚着替えた。水は定期的に飲むようにはしているものの追っつかない感じ。
 暑さで身体もなまっているが、せめて木刀の素振りとスクワット的なものはやっている。
 お昼は卵を落とした野菜スープなどでトースト、夜は牛肉とピーマン・玉葱の炒め物、枝豆でビール、焼き茄子、冷や奴、オクラ梅和え、それに出雲蕎麦などをたぐりながら「北雪・純吟」を。

 
蕎麦啜る 横に白猪口 美酒のあり   呑斉




8月25日 「今日も暑い」
 33℃を超えた東京、今日も蒸し暑く動く度に汗が出る。エアコンつけて窓を閉めているので蝉の声も遠い。新聞取りに外に出れば直ぐ蚊が寄ってくるので手足の蚊に喰われた跡が消えない。カレンダーを見れば今日は「インスタントラーメンの日」とあるが、この語句を見ただけで汗が出そうだ。お昼はもちろん冷たい饂飩で。夜は豚ロースを焼き、大根卸しと生姜で、他にはアボガド・トマト・ブロッコリー・チーズのサラダ、残っていた冬瓜などでビールを飲み日本酒はお休み。〆に塩鮭でご飯を少し。

  
 休肝日 麦酒に手を出す 暑さかな   呑斉




8月24日 「鳴き続けだもんね」
 何せここ1週間は真夏日が続くっていうんだからたまんないね。先日夜に聞こえていた蟋蟀の音も暑くて聞こえてこなくなり、蝉の声も心なしか夏疲れしたように聞こえる。
 パラリンピックが始まった。知らなかったけど東京開催は2度目なんだ。大きな蜂が網戸の前で行き来しているが近くに巣なんか作っているんじゃないだろうね。刺されでもしたら救急車も呼べないご時世、くわばらくわばら。
 お昼はトースト、夜はボイルソーセージ、カニカマ・シメジ・セロリの玉子炒め、厚揚げ・柳葉魚・シシトウ焼き、肉じゃがの残りなどでビールとお酒を。お酒は1月にも飲んだ新潟「北雪・LIGHT PASS・純吟」を。瓶詰めから1年ほど経っているが酸の切れがいい。


   
ジージジー 疲れたように 蝉の声   呑斉




8月23日 「湖池屋ポテトチップスの日だって」
 
午前中、遠くでゴロゴロとなり雨が落ちてきたが一過性のものでその後は太陽も出て蒸し暑くなった。所によっては都内でも大雨になったようだ。新宿区の一部では3日もガスが止ったままだとニュースで言っている。新型コロナ感染者の悲惨な例が多く報道されるようになる一方で若者のノーテンキな発言もみられる中、今度はパラリンピックが始まるのか。
 ゴーヤの実が終わった茎が枯れている。こんなものなのか、水が足らなかっただけなのか。
 お昼はサンドイッチ、夜は豚カツ、鰹刺し、冬瓜の鶏そぼろ餡、煮豆が今日のビールとお酒の友。お酒は「賀茂泉・純吟・朱泉本仕込み」の残りを空ける。


   稲妻の 見えぬ遠雷 これ風情   呑斉





8月22日 「日曜日か」
 
長年、あまり曜日とは関係の無い生活をしてきたので日曜日といっても大して変わったことをするわけではないが最近は特に同じような時間が過ぎていく。今日も暑い一日を同じような流れで過ごす。明日は“処暑”だというのにまだしばらく暑さは続くようだ。
 大雨の影響で野菜が値上がりとあるが水を被った稲の映像など見るとお米の収穫も心配になる。酒米大丈夫だろうか。菅総理の支持率30%を切り、横浜市長選は野党候補が大勝、新型コロナは収まるどころか・・・、世の中どうなっていくのかね。
 お昼はトースト、夜はハンバーグ、トマト・アボガド・セロリのサラダ、鮭トバ西京焼き、キュウリとカニカマ・ワカメの酢の物などでビールと「賀茂泉・純吟・朱泉本仕込み」を。


  
 処暑という 言葉だけでは ぴんと来ず   呑斉




8月21日 「家呑みが続く」
 
急激な雷雨にご注意くださいとあったが結局終日雨は無し、曇ったり陽が出たりの蒸し暑い一日。庭の赤く熟れたゴーヤの実がパックリと割れて中身が弾けている。暑さを助長するような油蝉の声に混じって鳴くツクツクホウシが違った暑さを感じさせる。コロナ騒動、ますます悪化していくな。救急車呼んでも運ぶ病院がないとは・・・。何を今更だけど怪我や病気なんかしていられないね。
 お昼は素麺を、夜は肉じゃが、柳葉魚焼き、ゴーヤのシーチキン和え、煮豆、焼き味噌などで広島「賀茂泉・純吟・朱泉本仕込み」を。


   
パックリと 熟れし苦瓜 ワニの口   呑斉




8月20日 「昭和は遠くなりにけり、か」
 
東京は今日も33℃を超える真夏日でここ数日同様風も強め。洗濯物が直ぐ乾くのでありがたいが。
 昨年の11月だったか12月だったか、一杯やりながらたまたま見た夜のBS番組に「武田鉄矢の昭和は輝いていた」というのがあった。終戦後の光景や当時の流行歌を流しながらゲストらと語るといった内容で、見ていて涙が出た。それ以来、たまにチャンネルを合わせるのだが今夜のゲストは作曲家の浜圭介だった。小生、戦後の昭和しか知らないが歌を通して見る昭和に胸が熱くなる。令和もよかったと言える時代になって欲しい。
 お昼は茹で玉子・ボイルウインナーなどでトーストを。夜はセロリ・椎茸などの玉子炒め、キュウリとワカメの酢の物、オクラと辛子明太子、揚げ湯葉煮、サツマイモのバター風味、鰻丼、秋田の粕漬けなどでビールと「まんさくの花・純米大吟醸」を。今日は肉系はなしだ。


  
 初秋や 昭和の歌に 胸熱く   呑斉




8月19日 「大谷選手、ホームラン40号か」
 
東京は今日も暑い一日だったが、西の方は雨が続いているようで甲子園の高校野球は途中からの雨でノーゲーム。ホームラン打った選手は可哀想に記録に残らないんだね。
 庭のゴーヤの一つが一晩で緑色からオレンジ色に染まってしまった。肥料が足りなかったせいか小さな実だったが・・・。
 お昼はカツサンドなど、夜はボイルソーセージ、枝豆などでビール、鮎塩焼き、ホッキ貝と烏賊の刺身で一杯。お酒は秋田「まんさくの花・純米大吟醸」を楽しませて貰う。


  
 ニガウリの 何を急いで 染まりしや   呑斉




8月18日 「高校野球記念日」
 
久し振りに真夏日になりエアコンONの一日。朝から南の風が強く洗濯物が大きく煽られている。お昼過ぎ、その洗濯物を取り入れた途端の俄雨、危うく濡らすところだった。雨上がりに少しは涼しくなるかの期待は外れ、蒸し暑いだけ。TVでは連日大雨による被害の様子を流しているが他人事ではないと思えるほど日本列島、いや地球規模でおかしくなっているようだ。昨日に続いて今日も野球関係の記念日「高校野球記念日」なんだ、甲子園も雨に振り回されている。
 お昼は素麺を茹で、夜は地鶏の塩焼き、野菜(人参・ジャガ芋・エリンギ・サツマイモ)フライパン焼きでビール、、揚げ湯葉の煮物、焼き味噌、出雲蕎麦などで「梵・ささ雪」の残りを空ける。

  
 蕎麦屋風 もりに焼き味噌 甘露酒   呑斉




8月17日 「プロ野球ナイター記念日」
 
雨がパラついたり軽く陽が射したりと落ち着かない天気で、蒸し暑さはあるもののエアコンは使わなくとも過ごせた一日。涼しい日が続いたせいか夜、蟋蟀が鳴いていた。先日カミサンが買ってきたカポックの鉢にキノコが出ていた。コロナ感染者各地で数字を更新、アナウンサーの「○○曜日では過去最高」の台詞、聞き飽きた。
 今日は「プロ野球ナイター記念日」とある。五輪の野球は見ていたけど、普段のプロ野球中継は見なくなったなー。
 お昼は冷や麦を。冷や麦といえば何十年振りだろう、久しく食べていなかったね。夜は豚冷シャブ、トマト・アボガド・セロリ・茹で玉子などのサラダ、海老焼売、厚揚げ焼き・モロキュウなどを乗せた一皿でビールとお酒「梵・ささ雪」を。


  
 「大むら屋」 冷や麦食べる 昭和の日   呑斉




8月16日 「政府、打つ手無いのかね」
 
今日もどんよりとした空から時々雨が落ちてきて肌寒い一日、各地での水害が連日報じられている。高校野球も夏の大会が始まっているがこれから出場の選手の中にコロナ陽性者が出たとニュースでいっていた、どうなることやら。TVに出ている医者は東京はすでに医療崩壊状態だという。緊急事態宣言も延長されるようだし・・・。
 お昼は玉子サンドを。夜は牛肉とアスパラ・玉葱の炒め物、以前福岡の飲み屋のおばちゃんに教わった牛蒡と牛肉のきんぴら、枝豆、塩鮭焼き、辛子明太子、豆腐の野菜餡かけなどでビールとお酒を。お酒は福井の微発泡酒「梵・ささ雪・純米大吟醸」を。先月に次いで2本目で少しガス感がおとなしくなったかなという気はするが美味しく頂きました。


   
「ささ雪」と いう酒を飲む 夏の宵   呑斉




8月15日 「終戦記念日」
 
朝は大した降りではなかったが就寝中、ゴーッという音と区の大雨を知らせる警報で眠りから起こされた。善福寺川の洪水警報の音も聞こえて来ていた。戦争が終わり76年、当時の空襲警報とは到底比較には出来ないが、暗い中で響く警報音は嫌だね。各地で水害が広がっている。
 気温も上がらず、肌寒く長袖に着替える。庭では朝顔の白い花の他に藤が一枝、季節外れの花を咲かせ雨に濡れている。
 お昼は出雲蕎麦を。夜は久し振りにロールキャベツを作ってみた。他にはサツマイモのバター風味煮、シラスおろし、冷や奴などでビールとお酒「末廣・伝承山廃純米」を。


   
警報音 夜明けに起こされ 夏布団   呑斉




8月14日 「今日もエアコン・OFF」
 
昨日と同様雨降りの涼しい一日。朝、雨が小降りになったとき庭先で突然鳴き出したミンミン蝉の声をカミサンがスマホで録っていたが、蝉も雨が続き自棄になって鳴いているように聞こえる。蝉には可哀想だがあと数日は雨模様のようだ。新型コロナ感染者、今日も5000人超えか。ワクチン以外に打つ手立てはないものかね。最近は同じようなことしか書いてないなー。
 お昼は卵を落とした野菜スープにサラダ、ソーセージでトーストを。夜は海老とキクラゲ・セロリ・ピーマンなどの炒め物、五輪選手村で好評だったという味の素の焼き餃子を試し、オクラ・茗荷・大葉の塩揉みなどで今日はビールのみ。


   
戸を開けて 蝉の声録る 妻スマホ   呑斉



8月13日 「お盆に入ったが・・・」
 
朝からずっと雨模様で、久し振りにエアコンOFFで過ごせた涼しい一日だったが蝉からすれば気に入らなかったろうね。九州、西日本の雨、益々ひどくなっているようで土砂崩れや河川の氾濫が続いているが関東も他人事ではないな。
 お盆に入り帰郷するかどうかを迷っている人も多いようでニュースで見る限り新幹線や高速道路の混み合いはないようだ。それでかどうか、都内の人流は減らず、新型コロナの感染者数は毎日更新し続けている。
 お昼は焼きそばを。夜は豚と小松菜・玉葱・キクラゲなどの中華風炒め、アボガドとチーズのサラダ、鯛刺し、雪花菜炒め煮、ブロッコリー梅和えなどでビールとお酒「末廣・伝承山廃純米」を冷やとお燗で。

   
鳴き続け 七日の命を 生きんとす   呑斉




8月12日 「梅雨の終わりの大雨のようだといっている」
 
強い陽射しはないものの今日も暑いが九州から西日本にかけての大雨は続きそうで大きな被害にならなければいいが。朝顔が毎朝咲くようになり今日も三個ほど花を開いている。白くて目立たないのだがそれなりに心が和む。
 向かいの家のモルタル壁にシミのように蝉が1匹止まっている。周りに緑の木々があるのに、と思う。蝉は蝉なりの考えがあるんだろうね。
 お昼は卵を落とした野菜スープとサラダでトーストを。夜は鰻丼、枝豆、ナメコおろし、キュウリとワカメの酢の物に、厚揚げ焼き、辛子明太子、つまみを何種か盛った一皿でビールとお酒を。お酒は福島「末廣・伝承山廃純米」で昨年度の燗酒コンクールで金賞ということで冷酒とお燗で楽しむ。温めたことで甘味と旨味がキリッと締まった。他にも先だって送って頂いた福井「梵・ゆず」という日本酒と柚子で作ったリキュールも飲んでみた。AL8度でジュースみたいにいくらでも飲める感じ、美味。


  
 酔狂か モルタル壁に 止る蝉   呑斉





8月11日 「昨日は休肝日」
 
昨日は八王子の39℃が国内最高とか、今日も東京は35℃超えの真夏日だ。ただ明日の夜から雲行きが怪しくなりそうだが。新型コロナの感染者もどんどん増え、TVでは毎日タレントの誰々が感染したと言っているが2回目感染という人もいるんだね。熱中症にも気を付けなくてはならないし我々年配者のみならず若い人も油断大敵だ。
 お昼はゆでたまご・とまと・ブロッコリーのサラダなどでトーストを、夜は30㎝以上ある鮪のカマをオーブンで焼き、椎茸チーズ焼き、雪花菜の炒め煮、バイガイ煮、そして出雲蕎麦などたぐりながらビールと「龍力・米のささやき」を空ける。

   
蕎麦の香と 大吟の味 握手せり  呑斉




8月9日 「七六回目の長崎原爆忌」
 二つの台風の影響で日本列島荒れ模様だが、東京は風が強いものの雨は午後にはあがり蒸し暑い一日。
 “八月は六日九日 十五日”という句を何人かが詠んでいるそうだ。いうまでもなく六日九日は広島・長崎の原爆忌、十五日は終戦記念日だ。夜のBSで昭和天皇と連合軍マッカーサー司令官の逸話をやっていたが昼のTVのニュースショーやバラエティ番組などでは昨日閉幕したオリンピックのメダル受賞者インタビュー、総集編などのオンパレード、そして新型コロナ関連とどのチャンネルも大同小異。
 お昼はオムレツなどでトーストを。夜は暑いときに熱いものもいいかと柳豚鍋を作り、他にはトマト・ポテトサラダ、枝豆、煮南瓜・隠元、モズク酢などでビールとお酒、先だって開けた「龍力・米のささやき」を。


   
暑気払い 牛蒡ささがき 用意をし   呑斉




8月8日 「岐阜で40℃超えか」
 立秋が過ぎ感覚的にも陽の沈みが早くなったような気もするが、暑い。今朝も朝顔が二輪ほど咲いていた。朝顔の季語って秋なんだね、夏とばかり思っていた。ゴーヤが2個小さな実を付けている。
 今日が閉会式の東京五輪、何だかんだといいながら毎日見てしまった。最終日の女子バスケ決勝戦、身長2m超える選手のいるアメリカと戦っての銀メダルは凄いね。一杯やりながら閉会式も見てたが、なんか開会式の焼き直しみたいだった。三年後のパリ大会は正常な形で開催されるといいね。
 お昼は素麺を。夜はメンチカツとソーセージでビール、銀鱈西京漬け、隠元ゴマ和え等がお酒「浦霞・山廃純米大吟醸・ひらの」の友。

   
申し訳 無さそにゴーヤ 二個下がり   呑斉




8月7日 「残暑お見舞い申し上げます」
 
立秋か、しかし暑い。今朝雨戸を開けると朝顔が漸く花を咲かせていた。少し雨が降ったが気温は下がらずで湿度が増した感じだ。
 五輪、男女レスリングともに金か。女子50㎏級・須崎選手、強かったね。野球もアメリカを破り金メダルと頑張った。
 土曜からの三連休、それに続くお盆休みで人の流れがまた増えて云々ということになるんだろうね。
 お昼はトースト、夜は地鶏の塩焼き、トマトとセロリ・チーズのサラダ、ぽてと・人参・シシトウのフライパン焼き、玉子巾着、ナメコおろしなどでビールとお酒を。お酒は宮城「浦霞・山廃純米大吟醸・ひらの」を。山廃の酸と旨味そして吟香が上手くまとまっている。


   
朝顔の 庇に伸びて 頭打ち   呑斉




8月6日 「明日はもう立秋か」
 
札幌とはいえ暑い中、競歩、明日の女子マラソンと大変だ。東京では女子レスリング・男子空手「形」・女子クライミングなどなど頑張っている。最後の男子400メートルリレー、残念賞。期待されただけにガッカリ感は大きい。
 菅総理、答弁や祝辞などの読み間違いや読み飛ばしなどが目立ち何だか生気がないようにみえるけど大丈夫かね。コロナ対策もチグハグ感が否めない。
 昼は冷やし饂飩を、夜は豚カツ、牛刺し、胡麻豆腐、さばさばめんたいなどでビールとビールと「末廣・純吟」を。


   
バトンミス 侍四人の 夏終わる   呑斉




8月5日 「感染者数、毎日更新だ」
 また台風ですか、日本列島の宿命みたいなもんだなー。
 「姉妹で金」の川井姉妹、姉の方も金メダルで拍手。空手・形、銀だったけど格好いいね。他にもいくつかメダルを取ったが五輪もいよいよ終盤だ。新型コロナ東京の感染者、5000人超えか。新聞記事に中野好夫(英文学者)の言葉として「混乱があっても、何とか切り抜けるのが日本人の十八番」が載っていたが、今の混乱、早く乗り切って欲しいね。
 お昼はトースト、夜はジャガ芋・茄子・エリンギのグラタン、ソーセージ,、枝豆、ブロッコリーの梅和えなどで今日はビールのみ。


   
蝉の鳴く 庭に蝶々の フラフラと   呑斉




8月4日 「確かGHQのお達しだと聞いた」
 
今日は「箸の日」とある。毎日食事の度にお世話になっている箸だが、長年使っている割には小生、箸使いが下手だなー。
 今日もあちこちで真夏日となっている中、女子スケボーで日本最年少メダリストが出た、12歳だったか。女子レスリング「姉妹で金」の川井姉妹の妹の方が先ず金メダル、姉の方は明日が決勝戦、夢が叶うといいね。野球もあとは決勝戦だ。
 日中は暑くて歩けないので、少しは運動の足しにはなるかと木刀の素振りをやっている。中学時代は「竹刀競技」という名の剣道をやっていたんだよね。戦後10数年経った頃だけど“剣道”と言えなかったんだよね。
高校時代の柔道と共に懐かしい想い出だ。
 お昼は卵を落とした野菜スープなどでトーストを。夜はゴーヤチャンプル、塩鯖焼き、焼き茄子、冷や奴などでビールとお酒「末廣・純吟」を


  
 ブラインド 西日が描く シルエット   呑斉




8月3日 「ちょっと動くと、汗が出る」
 
新潟の三条市で39℃超え、体温より暑いというのは体験としてあまり記憶にはないが近年は毎年日本のどこかで40℃超えているからなー。明日は東京も暑くなりそうだ。
 五輪・女子ボクシング・フェザー級の入江、金メダル、リングで飛び跳ねてたね。
 新型コロナ、中等症の自宅療養という政府の方針転換、机上の空論だよね。救急車さえまともに呼べない現状だというのによくいうよ。
 お昼はコロッケとサラダなどで素麺を、夜はビーフシチューの残りとサーモンソテー、ワカメと紫蔓草の酢味噌、煮南瓜の残りに薩摩揚げなどの煮物を加えてビールとお酒を。お酒は福島「末廣・純吟・無濾過原酒」を。福島のお酒は甘いというイメージがあるがやや辛口で16度の原酒だ。


   Tシャツに 汗染み描く 抽象画   呑斉





8月2日 「女子体操・床、個人でのメダル(銅)は初めてなんだ」
 昨日のクマゼミは公園からのものだったが、今朝のクマゼミは庭からで庭木からのクマゼミの声は珍しい。東京でクマゼミの声が聞こえるようになってどのくらい経つのかなー。
 家の前の通りは車が少ない方だが夏休みのせいかどうか、時折バイクの音がするもののより静かな気がする。
 久し振りに野球中継を見た。五輪野球・準々決勝「日米戦」で延長10回ノーアウト・1塁・2塁でのタイブレークで日本のサヨナラ勝ち、次は韓国戦か。
 昼は玉子サンド、夜は豚カツ、鱸刺し、南瓜煮、ニラ玉などでビールとお酒を。お酒は兵庫「龍力・大吟・米のささやき」を。17度とアルコール度数は高いが“米の酒は米の味”のキャッチフレーズを楽しませて貰う。

   
バイク音 通り過ぎ行き 蝉の声   呑斉




8月1日 「元気なのは蝉と五輪選手だ」
 
今朝はシャシャシャ、と鳴くクマゼミの声から始まった。ミンミンゼミも元気な声を張り上げている。軒先まで蔓を伸ばしている朝顔、まだ花を咲かせていないなー。
 五輪も中盤、男子体操個人鞍馬の萱、銅、女子ボクシング並木、メダル確定、男子レスリンググレコ60㎏文田、銀以上、などなどとある。
 昼はトースト、夜はビーフシチューを作ってみた。他にはトマト・アボガドなどのサラダ、枝豆、カマス開き、キクラゲ炒めでビールと「東光・純吟」の残りを。


   
朝顔の 蔓だけ伸びて 花未だ   呑斉