~酒をこよなく愛する高瀬 斉が綴る~
呑斉の酒々日記












7月7日 「七夕か」
 
九州、今日も河川の氾濫とある。ニュースで地元の反対で建設中止になっている川辺ダムの話が出たが、もう何年前になるだろうかここの建設事務所に出向き皆さんの似顔絵を描いたことを思い出す。被害が広がらないことを祈るばかりだ。
 東京は雨が降ったり止んだりの一日。お昼は茹で玉子、野菜炒め、ウインナーソーセージのボイルでブドウパントーストを。
 夜は焼き餃子、鶏唐揚げ、サラダ、太刀魚塩焼き、送って頂いた湯葉刺しなどでご飯少し。




7月5日 「今日は都知事選か」
 
熊本で球磨川が氾濫し大被害が出ているようだ。九州は以前の梅雨時期に福岡などの河川の決壊などで大きな被害があったが最近の梅雨前線は恐ろしいね。
 朝から雨が降ったと思うと曇ったりと落ち着かないお天気でジメジメしている。お昼は久し振りに炒飯を作ってみる。
 夜はハンバーグを焼き、身欠き鰊の甘辛煮、ジャガ芋、人参、蒟蒻、椎茸、シシトウの煮物、昨日の残りの鰈煮付けなどでご飯を少し。
 都知事選、小池の圧勝だったようだが彼女はどうもポリシーが適当で信用おけないが他の候補者は彼女以下だからなー。




7月1日 「今年も半分終わったか」 
 
日本酒業界の年度初め、お正月だが新コロナ騒動で大変な新年度になってしまったね。とはいえ若手蔵元はじめ皆さん頑張っているなー。
 雨予報の一日だったが、午後には何となく雨降りはなくなり涼しい風が入って来る。
 お昼は秋田「稲庭饂飩」を茹で、玉子焼き、昨夜のおかずの残りなどで食す。
 夜は牛肉と厚揚げ、シメジ、青梗菜の中華風炒め、アボガド、チーズ、トマトなどのサラダ、枝豆でビールを少し飲み、塩鮭、里芋、人参、蒟蒻、椎茸の煮物、カニカマ・ワカメの酢の物でご飯を少し。




6月28日 「ご飯の量が少ないかな」
 雨降りで始まったが、午後には陽射しはないものの雨は一応上がった一日。それなりの蒸し暑さはあったがエアコンを入れるほどではない。
 お昼は温かい饂飩を卵、油揚げ、青菜、シメジ、ワカメなどを乗せて。
 夜は鶏のささみを酒蒸しにし、鮭、鯖の西京漬け、揚げ豆腐を焼き、あとは肉じゃがなどで今夜はご飯を。ガバガバ飲んで、食べていた頃からすれば量的には2/3くらいかな、もう少し食べないと体力が付かないね。




6月25日 「思ったほど気温は上がっていない」
 
雨が降りそうな空模様だったがそれなりにもった感じで洗濯物もほぼ乾いた。今日は昨日のサクランボに続いてマンゴーを送って頂いた。有難いことだ。お昼はTVでやっていたという野菜や玉子などを使ったレンジで出来る簡単レシピというものをおかずにトーストを。
 夜は牛焼き肉、コーン入りマッシュドポテト、野菜サラダ、荻窪の地下食品市場でいつもより安かったキンキの生開き焼き、しめ鯖、カニカマ・ワカメ・オクラの酢の物でビールを。




6月23日 「そういえば今日は肉なしか」
 
雨が降りそうな空模様だったが朝干した洗濯物が午後には乾くといった一日。
 午前中所用で荻窪に出たカミサンに食材なども買ってきて貰う。
 と言うわけでお昼はカミサンが買ってきた「まい泉」のカツサンドを。夜は豆腐バーグ的なものと久し振りの鮎の塩焼き、これも久し振りの鮪太巻き、昨日の残りの煮物、シラスおろしなどで缶ビールを。




6月22日 「今週は余りいいお天気ではないのかな」
 
梅雨寒、雨降りの一日で気温が上がらず、夕方には春先まで着ていたベストを取り出した。お昼は昨日の海老チリ風トマト炒めの残りを使いスパゲティを。夜は牛の焼き肉、野菜(ジャガ芋、人参、シシトウ、エリンギ)のフライパン焼き、アボガド、トマトなどのサラダ、賀茂茄子にチーズとケチャップとチーズを乗せたフライパン焼き、大根、人参、椎茸の煮物、頂き物の自家製メンマなどでビールを少し。週一の買い出し素材で余り変わり映えしないけど・・・。




6月20日 「久方の3日連続日記」
 
曇り空のさほど暑くはない一日。今日は父親の命日なので仏壇の花瓶に花を活け、好きだったお酒を供える。
 適当な運動をするようにしているもののどうしても身体がなまるね。お昼はウインナー、キャベツ、玉葱、コーンの甘酢炒め、茹で玉子などでトーストを。夜は地鶏腿肉焼き、アボガドなどのサラダ、昨日と同じ送って頂いた銀鱈黒煮、賀茂茄子とシシトウの煮浸し、冷や奴などでビールと久方のお酒を。お酒(埼玉「非売品・天覧山・純米酒」)は味を見る程度だったが久し振りに口にするAL16度だったので濃く感じる。少しずつ慣らしていくか。軽い苦味がいい意味でのアクセントになっている。




6月19日 「久方の2日連続日記」
 
明け方の強い雨から降り方も弱まった午前中、近くの歯科医へ。寒いので長袖のトレーナー姿。終わって帰り道の商店などで少し買い物をして帰宅。お昼はサラダと茹で玉子、茹でウインナーなどでトーストを。
 県境をまたいでの自由な移動が解禁になり深夜バスや新幹線などが普段の混み合いを取り戻し、観光地の宿は満員の予約と笑顔を見せているが、どうなんだろうね。経済の崩壊にストップかけなくてはいけないのは分かるけど・・・。
 夜はハンバーグを焼き、サラダなどと解禁2日目のビールを少し。他には浦安の知人から送って頂いた、TV「孤独のグルメ」などでも紹介された「浦安・羅甸」“真っ黒の銀鱈煮付け”、その知人手作りのラッキョ漬け(歯がイマイチなので細かく切って)などを。「黒煮銀鱈」、入手しづらくなっているだけあり美味。




6月18日 「久方のビール」
梅雨とは言えここ数日は大した雨も降らず今日は夏日も一休みといった感じ。午後から雨がポツポツと。
 お昼は所用で荻窪に出たカミサンが買ってきたサンドイッチなどを。夜はサーモンのバタ-焼き、焼き餃子、焼き賀茂茄子(生姜とオカカを乗せて)、南瓜煮、シラスおろしを。餃子の焦げ方がイマイチ。
 今夜は5月の頭以来口にしていなかったアルコール類、久し振りに飲んでみるかという気になり取りあえずは缶ビールを少し。「ビールってこんな味だったかねー」と冗談ぽい言葉が出た。ポチポチお酒おじさんに戻ろう。




6月15日 「梅雨入りしたが暑い日がが続く」
 
今日も31℃超えの夏日で暑い。こんな中マスクで通勤というのは大変だろうな。お昼は玉子サンドとサラダで。夕方少し日が陰り始めた頃善福寺川緑地公園を1時間ほどウオーキング。途中母校の横を通る時、いつもならグラウンドに響いているはずの球児の声が聞こえないのが寂しい。5700歩ほどの歩きだった。夜は相変わらず大したものは出来ないが京都から届いた賀茂茄子、ここ2、3日はフライパンで焼いて鹿児島の肉味噌を付けて食べていたのだが今日はケチャップとチーズを乗せて焼いてみた。茄子のとろけるような味わいがいい。煮魚は鯛、薩摩揚げは飛び魚。



6月10日 「明日辺り関東は梅雨入りかな」
 
いいお天気というより31℃超えの暑い一日で南風が強い。午前中所用で荻窪へ久し振りに出、地下の食品市場などで少し買い物を。陽射しが強く腕が日焼けしていた。お昼はルミネのベーカリーで買ったサンドイッチを。夜は餃子を焼き、アボガド、ブロッコリー、トマトなどのサラダ、茄子と烏賊の煮物、鱈の煮物、南瓜煮、昨日食べた残りの薩摩揚げなどで白いご飯と紫黒米ご飯を少し。
 ここの所、運動不足解消にと家での軽いTV体操や公園のマスク着用でのウオーキングをしているがすれ違う人のノーマスクが気になるね。




6月1日 「四国が梅雨入りか」
 
小雨程度だが朝から降っていて半袖にしようか長袖にしようかと迷う程度の気温だが結局長袖で終日過ごした。
 今日から緊急避難解除でステップ2とかに移るらしく飲み屋さんも午後10時まで営業出来るようだが、どこまで3密守れるんだろう。
 ガスコンロが不調で点検して貰ったがこんな時に故障かよ、と思ってしまう。取りあえずは使えるようにして貰ったが。
 昼は野菜のトマト煮込みの残りでスパゲティをナポリタン風に。
 夜は冷蔵庫にある物でと、豚ロースを青梗菜、エリンギなどとケチャップ炒めにし、まだ硬かったアボガドをバター炒めにし、大根、里芋、人参、椎茸、蒟蒻を煮、目刺しなどをおかずにしてご飯少し。




5月25日 「緊急事態解除といわれてもなー」
 
夏ほどの暑さではないがそれなりに暑い1日。午前中2ヶ月振りに歯科医に行き入歯の緩みを矯正し歯の掃除をして貰う。緊急事態宣言で直せなかった先月パンクした自転車も近くに出来た修理屋で漸く直せ歯と共に懸案事項取りあえず二つクリヤー。
 先週末の二日間、自粛生活開始以来初めて公園を散歩してみた。一時間半足らずの歩きだったが運動不足がもろに出て翌日足の筋肉が張るという情けなさ。
 庭では今までは葉の色と同化して実がなっているのが分からなかったグミの実が色付き始めている。
 しばらく日記も書いていなかったけど、家に籠もって週一ほどの近場での買い物ということで料理も変わり映えしない物しか作っていないのでね。
 今日も似たような物で面白味もないのだけど久し振りにアップしてみる。今日もご飯のおかずとしてだけどね。




5月16日 「来週辺りはもう梅雨の走りだとか」
 
朝はまだ雨が降っていなかったが10時過ぎくらいには予報通りの雨模様。雨は夜まで続いたがさほどの降りではないものの気温は下がる。
 昼は昨日の残りの柳豚(豚の柳川鍋風)の残りをご飯に乗せて丼物を。
 午後PCのOUTLOOKを開くとフリーズしてしまいどうにかして強制終了させたのはいいがウィンドウズの壁紙が消えバックが真っ黒になった。どうしたものかね。
 夜は牛の焼き肉、アボガド、トマトなどのサラダ、野菜炒め、冷や奴、ナメコと豆腐の味噌汁でご飯を。週一の近所での買い物だと食べるものに変化を付けるのに苦労するね。




5月13日 「東北地方では蕗の薹のことをバッケっていってたなー」
 
ここ数日暑い日が続くが夜は風もあり割と涼しくなるのでありがたい。植木鉢の芍薬がピンク色の花を咲かせた。そういえばここの所鶯の鳴き声が聞こえないね。恋の季節が終わったのかな。
 お昼は玉子焼きとイワシの缶詰、紫玉葱の酢漬けなどで冷たい稲庭饂飩を。夜はお肉屋さんの海老クリームコロッケとトマト、アボガドなど添えて。他にはカミサンが先日買ってきた蕗の薹があったので人参と天麩羅にしてみた。蕗の薹の半分は蕗味噌も作ってみる。鰯の酢煮、余った天麩羅の衣に刻みパセリを混ぜてフライパンで焼いたものなども。今夜もご飯を。




5月9日 「来週は暑そうだ」
 
余りいいお天気ではないような予報だったが時折陽も射すと言った塩梅の1日だが連日のように風が強くて困る。庭では最後に芽吹く青桐の葉が漸く大きめの大人の手くらいになってきた。
 お昼は野菜カレーなどを。夜は焼き肉(豚バラ、アボガドやブロッコリー、茹で新ジャガを添えて)鰤の網焼き、薩摩揚げ、紫玉葱の酢漬けなどでご飯を。



5月6日 「我が家では珍しいお米の減り具合だ」
 
真夜中の午前2時前、一昨日の夜に続いて緊急地震警報のアラームがギュンギュン鳴り響きガタガタっと来た。千葉での地震(震度4)らしいが家ではガタガタっと瞬時揺れただけで大したことはなかったもののこんな時期、精神的に良くないね。情報番組MCのAYさんが慌てて肉離れを起こしたとニュースにあった。
 朝から曇り空、午前中には雨がぱらつき始め、夜になると雷も鳴り出しと、ひどい一日だった。
 お昼は豚バラ肉、シメジ、椎茸、茹で玉子、海苔などを載せたサッポロ塩ラーメンを作ってみる。夜は昨日の残りの煮込みハンバーグ(玉葱、人参、ジャガ芋入りのトマト缶煮込み)とアスパラガスと鮪ツナのサラダ、豆腐の味噌汁などで今日もご飯を。
 ここの所、月曜日に久し振りに買い物に出たくらいで家に引きこもり朝から晩まで同じパターンの日々を送っていてあまりお酒を飲む気にならずこの欄もただの食日記みたいになってます。

 

5月2日 「7月中旬の気温らしい」
 朝は雲一つないほどの青空が広がり気持ちのいい一日かなと思ったが気温がどんどん上がりもう夏と一緒、おまけに南風が強いし。早朝から鶯の美声に目が覚める。

  
鶯に 元気づけられ けふの朝   呑斉

 お昼は炒飯を作ってみる。夜は一昨日のビーフシチューの残りと、アスパアラガスの茹でたものとオリーブオイル炒め、蚕豆(今日は茹でてみた)、茄子とピーマンの味噌炒めなどでビールを。〆に鯛の粕漬けをほぐしてお茶漬けを。



5月1日 「取りあえず6月までは我慢か」
 
五月晴れのいいお天気というより半袖でいいくらいの気温になったが南風が強いので100点満点の五月晴れとは言えないかな、自分的には。
 お昼は玉子焼き、鯖味噌煮缶などで秋田の稲庭饂飩を。喉越し感がいいね。夜は豚肉、筍、九条ネギの炒め物、茄子、厚揚げ、シメジの煮物、鯛の粕漬け焼きなどを作ってみたが余り飲み心が沸かなかったので今夜はご飯のおかずになってしまった。ご飯を一杯食べ、最後に飲んだあとみたいに鮒寿司で軽くお茶漬けまで食べてしまった。まっ、こんな日もあるさ。



4月30日 「立派なアスパラガスだ」
 
風が少しあるがいいお天気で気温も上がり暑く感じる一日。まだ冬の布団だったので明け方、汗をしっかりかいてしまった。布団を干し午前中衣替えを。お昼はベーコンエッグ、野菜炒めなどでトーストを。午後北海道のNさんからホワイトアスパラガス、グリーンアスパラガスを送って頂いた。ホワイトアスパラを口にするのは久し振りだ。
 夜はビーフシチューを作り、アスパラガスを茹で蚕豆を焼き、あとは菜花の辛子和えでビールを。

 
蚕豆は茹でるより莢ごと焼いた方がほっくりする気がする。



4月27日 「焼き蚕豆は家では始めてかな」

 ここ2、3日の風も収まりいいお天気だ。風が強かったせいか公園の方でしか聞こえなかった鶯の声も今朝は庭まで飛んできて鳴いていた。
 お昼は昨日炊いた筍ご飯をキノコと水菜の吸い物と鯵の開き、玉子焼きで。夜は鶏肉と野菜のホワイトシチュー、蚕豆のグリル焼き、筍と九条ネギのヌタ、薩摩揚げの煮物、鮒寿司などでビールとお酒を少し。お酒は秋田「天の戸・純米大吟醸」(令和元年秋田県清酒品評会・知事賞首席受賞酒)を。




4月25日 「ほんと、ストレスが溜まるね」
 
お天気はいいのだが南東寄りの風が強く一日中庭木の枝が揺れていた。その分洗濯物は良く乾いたが。
 お昼は野菜スープとベーコンエッグなどでトーストを。午後京都から筍などの野菜が届く、この時期嬉しく、有難いことだ。早速下ごしらえをしておく。
 夜は冷蔵庫にあった牛薄切り肉と厚揚げ、九条ネギの炒め物、筍とワカメ、水菜の炊合わせ、筍の穂先の刺身、茹で蚕豆、数の子松前漬け、ホウレン草のゴマ和え等を作りビールとお酒を。お酒は先日と同じまだ残っている「一白水成・プレミアム」を。〆におかかのお握りを。別にこうと決めたわけではないが家飲みになってから一日置きの飲みになったね。筍、京都では最後のものらしいが香りが良く美味しく頂きました。明日は筍ご飯を炊こう。




4月23日 「最後の外飲みからもう2ヶ月か」
 
午前中は陽射しもあったが午後は雲が出、夜には雨も少しといった一日。藤の花がしっかりと咲いてきた。そういえば今日は鶯の声余り聞こえなかったなー。
 お昼はベーコンエッグとサラダでトーストを。夜は肉屋さんの串カツ、キャベツ繊切り、トマト、アボガドを添えて、鯛の煮付け、以前も作って好評だった椎茸のネギ味噌詰め、茄子網焼き、薩摩揚げ焼き、作り置きの揚げ湯葉煮などでビールとお酒を。お酒は今日も「一白水成・プレミアム」を。食材が限られてきたね、刺身も手を出しづらくなったし。




4月21日 「商店街などの人出・・・」
 
今日もお天気は上々、鶯も己の美声を誇るように高らかに囀っている。毎日ゴロゴロしている様な日常なのでテレビ体操の他に今日は久し振りに庭に出て木刀の素振りをしてみた。お昼はベーコンエッグにサラダでトーストを。
 夜は牛味噌漬けを焼き、トマト、椎茸、セロリ、ピーマンを炒めての卵とじ、アボガドサラダ、茹で新ジャガ、揚げ湯葉と菜花の含め煮、海鞘の塩辛などでビールとお酒を。お酒は先日と同じ秋田「一白水成・プレミアム」を。今日は鯖へしこのお握りで〆る。




4月19日 「空は晴れても世間は曇り」
 
昨日の豪雨は何だったんだろうと思えるくらい朝から雲一つないという言葉のままのピーカン、温度も20度以上に上昇、藤の花も開いてきた。
 テレビ見ていても暗い気持ちになるような発言しかないし、何かスカッとするようなことないかなーなどと思いつつ、ここの所毎朝テレビ体操などでカミサンと身体を動かしている。
 例年なら6月に「呑ムリエ会総会」が開かれその後「秋田県・五城目呑ムリエ会」「京都呑ムリエ会」と続くのだが総会と京都は中止(五城目はまだ未定)となり寂しいなー。
 お昼はサラダとベーコンエッグでトースト。夜は冷蔵庫の中にあるもので。豚ロースの生姜焼き、独活酢、厚揚げ網焼き、数の子松前漬け、板わさ、岡山手延べうどんでのじゃじゃ麺風でビールとお酒を。お酒は秋田「一白水成・プレミアム」を。酸の出が程良く甘味と言い塩梅で調和している。




4月17日 「いいニュースがないかなー」
 
それなりにいいお天気で庭の躑躅が沢山花を開いてきた。今日も鶯が元気に鳴いているがいつもの年より良く鳴くなー。
 お昼はサラダと卵サンドを。夜は海老チリ風トマト炒め、地鶏フライパン焼き、海老と野菜サラダ、大根、蒟蒻、人参、シメジの煮物、鰯の甘辛煮、海鞘塩辛でビールとお酒を。お酒はまだ残っていた「杜の蔵・雄町純米」を。




4月15日 「早く皆で笑って飲みたいね」
 
今日はいいお天気で気温も上がるというので布団干しから。藤の花も櫻と同様開花が早まったようでもう少しで咲きそうになってきた。
 お昼は玉子焼きとイワシの缶詰などで冷やしうどんを。
 夜は焼き肉とサラダでビール、お酒の友はモズクとキュウリの酢の物、南瓜煮、小松菜のゴマ和え、椎茸のネギ味噌詰め焼き。椎茸焼きは先日TVでみたものの再現で、味噌にネギのみじん切りとマヨネーズ、砂糖少々を混ぜたものを乗せてグリルで焼いたもので予想外にイケました。
 お酒はまだ残っていた「染井櫻・琵琶のさゝ浪」を冷やとお燗で。燗を冷ますと旨味が消える感じで冷やの方が好みかな。今日の〆は鯖へしこ入りの海苔茶漬け。




4月12日 「外はいい季節なのにナー」
 
天気はいいがイマイチ気温が上がらない。庭ではサツキやツツジが花を開き始めている。お昼はベーコンエッグと野菜炒めなどでトーストを。
 ワイドショーを見ていても気持ちが暗くなるばかりで見なければいいが毎日が日曜みたいなもので他には再放送のドラマ見るか本を読むことくらいしかやることがない。軽い体操などもやってはみるものの生産性のない時間が過ぎる。夜はソーセージを茹で野菜のトマト炒め卵とじ、独活酢味噌、独活きんぴら、いつもより味薄めの肉じゃがなどを作り、冷凍庫にあった柳葉魚を焼いてビールとお酒の友とする。お酒は数年前から「染井櫻」のセット売りに加わった埼玉「琵琶のさゝ浪」の麻原酒造バージョン純米を。〆にのり茶漬けを。




4月9日 「政府は何もたもたしているのだろう」
 日中はいいお天気で暖かだったが夜に割と強い一雨があった。庭では五月が咲き始め、仕事部屋の窓に置いてあるブーゲンベリアが一輪だけ花を付け自然界は毎年変わらない時間が過ぎていくが世界はどうなるのかね。お昼は玉子焼きやサラダなどで笊うどんを。
 夜はハンバーグを作りサラダと共にビールの友とし、ジャコ天、米なすの豚味噌乗せ、北海道の海鞘塩辛、大阪小金庵の納豆などがお酒の肴。お酒は先日開けた「染井櫻・純吟」の「鷹勇」バージョンを飲んだが、余り進まない。早く心穏やかに美味しいお酒を飲める日が来て欲しいね。




4月7日「朝から青空が広がっているが・・・」
 陽光の下。ドウダンツツジが花を付け、藤も早々と槍のたんぽのような蕾を膨らませているが7都道府県で明日から総理が緊急事態宣言を出すと発表している。新型コロナまるで先が見えず心配の種が消えない。
 滋賀の方から大阪「小金庵」の納豆を送っていただいたので朝は果物と共にいろんな味を楽しんでいる。人気商品らしい。
 お昼は焼きそばを。夜は一杯やるべく食事を用意したのはいいがなんかゆっくり酒を飲む気にもならず結局ご飯のおかずになってしまった。